目がピクピクする…これ痙攣?目のピクピク痙攣の原因は?

目がピクピクする…これ痙攣?目のピクピク痙攣の原因は?

なにもしていないのに、なぜか目がピクピクすること、ありますよね。目の周囲が勝手に動いてしまう経験のある人が大半なのではないでしょうか。そのピクピクの正体は一体何者なのでしょうか。そして、ピクピクしてしまう原因はなんでしょうか。知っておいて損はないお話しです!

目の痙攣、それには2種類あります

目に関わる痙攣には大きく分けて2種類あり、それぞれ実はまったく異なった性質を持つ痙攣です。

・顔面痙攣

名前だけ聞くと恐ろしい病気のイメージがありますが、実はこの顔面痙攣こそ目のまわりでピクピクする症状をもたらすもの。自分の意識とは関係なく、いつのまにかピクつき始めて、気になりだしたら止まりませんしイライラします。

このピクつきが悪化した場合、目が開きにくくなったり、最悪の場合目が閉じてしまって生活に支障をきたすようになってしまいます。

・眼瞼痙攣

目のまわりのピクつきは、こっちの痙攣なのでは?と名前だけ見たら思うかもしれませんが、実はこちらの痙攣は更に深刻な症状をもたらすもの。まばたきそのものをつかさどる脳の異常が原因です。

症状が進行した際には目が完全に開けられなくなってしまいますし、治療の難しい病気ですのでなんとか進行を避けたいところ。

とはいっても重症化するのはほんの一部の人だけで、なんとなくまぶたが勝手に閉じたり動いたりするなぁ…と感じている人が大多数を占めるのも事実ですのでひとまず安心してくださいね。

眼瞼痙攣の場合の原因とは…

実は、近年の研究でもまだ明らかになっていないというのが結論です。

精神安定剤や睡眠導入薬といった化学物質を多用している人に多くみられることから、こういった薬が原因となっているのではないかという見解もあります。治療法も確立されていないので、対処療法になります。

顔面痙攣の原因とは…

顔面痙攣を招く原因として考えられているのが、神経系が血管とぶつかることによって間違った指令が出てしまうということ。これによって、本来意図しない目の動きが指示されてしまうことによってピクピクしてしまうわけです。

ちなみにこの痙攣は比較的黙っているときではなく、顔の筋肉を動かしているときに多く見られます。笑ったり泣いたり食べたり…といった行動を動きの指令を出す際に、間違って痙攣させる指令を出してしまうということです。

この症状をどうしても早期に解消したいのであれば、神経伝達回路と血管を引き離す手術をするほかありません。

これを行なえば確実に目のピクピクは起こらなくなりますが、手術にはもちろん麻酔を要しますし、傷も出来ます。お金もかかります。ですので出来ることなら様子を見ているのが良いでしょう。

さいごに

あまりに頻繁に痙攣が起こったり、目に違和感を覚えたり目を開けているのがツラく感じるようなことがあれば、眼科へ受診をしましょう。ドライアイと診断されることがしばしばありますので、自分の症状を正確に伝えるように気をつけましょうね。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)