足の裏が痛いのは魚の目、偏平足、外反母趾?その痛みは糖尿病の疑いも

足の裏が痛いのは魚の目、偏平足、外反母趾?その痛みは糖尿病の疑いも

足の裏が痛い場合、良くあるのが「魚の目」などの見た目でわかる症状のある病気です。

けれど、足の裏にはたくさんのツボが集中しており、何かの病気のサインで足の裏が痛いということも考えられます。

足の裏が痛い場合、どのような病気の可能性があるのでしょうか?

足の裏が痛い場合-魚の目

魚の目は、その名の通り魚の目のような形をした丸い角質が足の裏にできます。

正式名称は「鶏眼」と言い、別名で「コーン」と呼ばれることもあります。

魚の目は、皮膚表面の角質だけでなく芯となる部分が皮膚の奥まで発達しているため、表面だけを削っても、芯を取り除かない限り、何度でも再発してしまいますのできちんと芯を取り除くことが肝心です。

自己流で、硬くなった角質層だけをハサミや爪きりなどで除去するとそこからばい菌が入り更に悪化する要因にもなりますので、魚の目ができたら病院で芯までしっかりと除去してもらいましょう。

魚の目ができる原因は、まずサイズの合わないきつい靴を履き続けることによってできる可能性が高くなるといいます。

また、外反母趾などで足に変形があったり、偏平足などで歩き方に癖があり、足の内側や外側に偏った力が加わることも同様に皮膚に負担をかけることになります。

外反母趾がある方は、特に小指付近に魚の目ができる傾向にあるようです。
魚の目は、足の裏に必要以上の圧力がかかったり、血行不良によっても起こりえます。

ですから、冷え性の方でいつも手足が冷えている方にも、魚の目はできやすいです。

魚の目を防止するには、
・きちんとサイズの合った靴を履くこと
・靴の中敷を敷くなどして、足の裏への負担を軽減すること
・血行をよくするフットケアなどを行うこと
など、普段の生活から気をつけておきたいことです。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)