デート、イベント…決戦まで1週間…効果を求める1週間ダイエット!

デート、イベント…決戦まで1週間…効果を求める1週間ダイエット!

彼との大事なデート、パートナーとの記念日、そして子供の学校行事・・・

最近、ちょっと太ってきたからお出かけのときに着る服がパツパツで恥ずかしい。

少し大事な用事の時までになんとか痩せたい!

・・・そんな時ってありますよね。

そこで、今回は「1週間で3kg減」を目指せるダイエット方法をお教えします!

超短期決戦には、やっぱり「食事法」が有効!

1週間という、超短期決戦には痩せるカラダづくりをしている時間はありません。

そうなると、やはり「食事法」を変えることによって、減量を目指すのが一番手っ取り早い方法でしょう。

ローガーボ(糖質制限)ダイエットや、置き換えダイエット、プチ断食などさまざまありますが、そのようなダイエットをすることでのメリット、デメリットをまず知っておきましょう。

1:ローカーボ(糖質制限)ダイエット

ローカーボダイエットとは、体内に存在する糖質を食事から摂取しないことによって、体内のケトン体という、糖分をエネルギーに変える機能をフル稼働させて脂肪を燃焼させるダイエット方法です。

通常、エネルギーとして消費されていくのはまず糖質から、その後、体内に糖質が足りなくなると脂肪がエネルギーとして消費されはじめます。

ですから、今ついている脂肪を燃やすためには、毎日の食事にごはんやパンなどの糖質を摂っていては、いつまで経っても脂肪が燃えないのです。

人間に必要な栄養成分として「糖質」「タンパク質」「脂質」がありますが、この中で唯一「糖質」だけは体内で生成することができるため、理論的には糖質は食事で補給しなくても大丈夫なように身体ができているのです。

ただ、1週間で3kgの減量をしたい場合にはただ糖質を抜くだけではなかなか難しいもの。

その他に摂取する食事にも、厳しい制限があります。

1例ですが、朝はヨーグルトとグレープフルーツのみ、お昼と夕食は少量の動物性のタンパク質(魚や脂肪分のすくないささみなどのお肉)だけといった、非常にストイックな食事が求められます。

ですから、空腹感に耐えられない、ごはんんがなにより好きという方にはかなり厳しいダイエットとなるでしょう。

ただ、身体の燃焼サイクルが活発になるため、基礎代謝をあげると言った良い効果もあります。

【メリット】
身体がメラメラ体質になり、栄養の点でも他の食事に気をつければ栄養不足になることがない。

食事制限をしながらも、身体が栄養失調状態になっていないのでリバウンドしづらい。

【デメリット】
長く続けることによって、心臓への負担が啓蒙されていますのであまり長く続けることはやめた方が良いでしょう。

また、「白いごはんが大好き」という方には、とてもきついダイエットになりますので、そういった方には不向きです。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)