冬は乾燥の季節‥正しい冬の肌ケアでお肌の悩みを解決しよう

冬は乾燥の季節‥正しい冬の肌ケアでお肌の悩みを解決しよう

冬はお肌のトラブルが多いと感じる人が多いのではないのでしょうか?

冬は乾燥に伴って、お肌の水分が奪われる上に、寒さで血行が悪くなることで新陳代謝が落ち肌のターンオーバーがうまく機能しないことも。

冬には、いつもとは違ったスペシャルなケアをしてお肌の悩みを解決しましょう!

冬の乾燥とお肌の状態

冬は湿度が40%を切ることもあるほど、空気が乾燥しています。

そこに暖房などを使うことで、部屋の中は更なる「乾燥地帯」に・・・。

空気が乾燥すると、もちろん外気にさらされているお肌にも悪い影響を及ぼします。

冬にお肌が乾燥する原因としてもうひとつ挙げられるのが、寒さから汗をかかないということ。

汗には、皮膚のうるおいを保つ為の皮脂も含まれており、汗をかかないことによってお肌を守る皮脂が分泌されないため、肌の表面がかさかさになってしまうのです。

また、寒さで毛細血管が収縮し血行が悪くなることによって、血液中のお肌を正常に保つ為の栄養素が肌にいきわたらなくなり、新陳代謝が悪くなる原因となるのです。

お肌の新陳代謝とは、皮膚の表皮にある「基底層」という部分が細胞分裂をして新しい皮膚を作り出す過程のことを言います。

この「基底層」で細胞分裂した新しい皮膚は、次第に皮膚表面にまで押し上げられ、その段階で今まであった古い皮膚は垢となって剥がれ落ちるのです。

これを「ターンオーバー」といい、正常なターンオーバーは28日周期で行われ健康なお肌を保っていますが、この周期が乱れることによって古い皮膚がいつまでも皮膚表面に残り、かさつきや色素沈着などのトラブルを起こします。

また、古くなった角質が毛穴につまり、ニキビなどのトラブルになることも。

冬の乾燥は、さまざなま要素でお肌に影響を及ぼします。

冬のお肌の乾燥対策-保湿とお手入れ方法

それでは、冬の寒い季節にはどのような乾燥対策を行えばよいのでしょうか?

バスタイムはぬるめのお湯で短めに

冬のバスタイムは、寒さからつい熱めのお湯に長くつかってしまいがち。

ですが、あまり熱いお湯につかるとお風呂からあがった際にお肌の水分が蒸発して、更に乾燥肌になる原因に。

また、長めのバスタイムも汗をかきすぎて水分不足になりがちですから、冬のバスタイムは「ゆるめのお湯で短めに」を心がけるようにしましょう。

温度は40℃前後、10分~15分程度のバスタイムが良いでしょう。

身体を洗う時には、手のひらで洗う

バスタイムに身体を洗う時に、スポンジや垢すりなどでごしごし洗う人がいますが、これも肌にとってはNG。

肌を傷つけて角質層が破壊されて、そこから水分が逃げ出して乾燥がひどくなってしまう原因となります。

理想的な身体の洗い方は、よくあわ立てた石鹸やボディーソープを手のひらにのせ、全身を滑らすように洗うことです。

手の届かない部分を洗う際には、できればシルクなどお肌に優しい素材でできたタオルなどを使うと良いでしょう。

洗顔は一番最後にする

寒い冬のお肌は、皮脂腺や毛穴が固い蕾のように閉じています。

この状態で洗顔をしても、皮膚表面の汚れしか落とすことができません。

ですから、洗顔は湯船につかって皮膚表面の毛穴が開いた状態で行うのがベストです。

その際にも、ゴシゴシ擦らずによくあわ立てた洗顔料や石鹸を手のひらに乗せて円を描くように優しく顔を撫でるようにしましょう。

また、皮脂が少ない季節ですから朝の洗顔はぬるま湯で洗うだけでも充分です。

スキンケアはお風呂からあがってすぐ、まだ水分が残っているうちに

スキンケアは、お風呂からあがってすぐのまだ水分が少し残っている状態で行うのが良いでしょう。

まず、化粧水をたっぷりと補給した後、乳液や美容オイルや美容クリームなどで水分を閉じ込めるのを忘れないでください。

化粧水だけをつけただけでは、汗とともに水分が蒸発してしまいますから、油分でしっかりと補給した水分を逃がさないようにしましょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)