ダイエット中のマラソン・ランニングは「スロージョギング」が効果的!

ダイエット中のマラソン・ランニングは「スロージョギング」が効果的!

マラソンやランニングはダイエットにも身体にもいい…わかってはいても、なかなかできないあなた。

そんなあなたには、歩く速度でゆっくり走る「スロージョギング」がお勧め!

疲れないから続けられる、「スロージョギング」を紹介します。

スロージョギングとは?

スロージョギングとは、その名の通りゆっくりとしたペースで行うジョギングのことです。

ジョギングのポイントは、背筋を伸ばし、歩幅は小さく、足の指の付け根から着地することです。

息があがるほどのスピードで運動するマラソンやランニングと違い、今まで運動をあまりしていなかった人でも始めやすく、また疲れないため続けやすいのが特徴です。

スロージョギングが疲れないワケ

スロージョギングが疲れない秘密は、筋肉の中の「遅筋」という部分を使うからです。

筋肉には「早筋」と「遅筋」の2種類があり、短距離走やリフティングなどの瞬発力を必要とするときに使われるのが「早筋」であるのに対し、「遅筋」は長距離走など長い時間運動を続ける時に使われる筋肉です。

その為、スロージョギングは疲れを感じにくく長く走り続けることができるのです。

こうして、ラク~に走っているうちに脂肪がどんどん燃焼するカラダになっていくのです。

スロージョギングを続けることによって、だんだんと持久力が身についてくるのと同時に、筋肉も少しづつ発達していくので筋肉痛になることもありませんし、なによりジョギング初心者の方や年配の方でも気軽にチャレンジできるのが良い点です。

これも、スロージョギングが「続けやすい」ことのひとつでもあるでしょう。

スロージョギングのダイエット効果

筋肉の持久力がついてくると、筋肉の毛細血管も増えていくことによって、筋肉のすみずみまで血管を通して酸素や栄養素が運ばれるようになり、結果として糖質や脂質が効率よくエネルギーとして消費できる身体になっていくのです!

研究結果によると、スロージョギングを行った後には筋肉内の毛細血管が23%も増加したという報告もあるほどです。

少しづつ、筋肉量が増えていくに従って、基礎代謝量も必然的に増えていきます。

いわゆる「メラメラ体質」となるので、今までと同じ食事をしていても、体重がぐっと落ちやすくなっていきます。

また、食事制限だけのダイエットと違い、リバウンドもしづらく何よりも身体が「健康的」に美しくなれるのが良いところ。

血管が増えることによる血行促進によって、新陳代謝もアップしお肌の状態も断然によくなっていくので、美しく痩せることができるのです!

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)