無理せず食事でダイエットしたい!ダイエットに良い食べ物

無理せず食事でダイエットしたい!ダイエットに良い食べ物

ダイエットといえば、カロリー制限や食事制限など「空腹感」との闘いが辛いもの。

そんなダイエット中でも「しっかり食べて満腹になる」、そして痩せ体質にもなれちゃう食材や食べ物をご紹介します。

身体の代謝を上げて燃焼体質になる食べ物

食事でダイエットを志すのであれば、まず栄養バランスはもとより身体を「飢餓状態」にしたいことが一番大切です。

カロリーばかりを気にして、低カロリーの食材ばかりを摂っていると身体は「飢餓」状態になります。

身体が飢餓状態になると、本能的に身体は栄養を身体に溜め込もうと働きはじめるのです。

これが、よくある「リバウンド」の仕組みです。

ダイエット中には栄養がかたよりがちで、特にタンパク質の摂取量が減ってしまう傾向にあります。

タンパク質は、基礎代謝をあげる筋肉を構成する元ともなり、脂肪を燃焼させるために必要なので、ダイエット中にはタンパク質を意識的に取り入れるようにしましょう。

ダイエットを成功させるコツは、「基礎代謝量を減らさないこと」。

基礎代謝が落ちてしまうと、どんなに食事制限をしても摂取したエネルギーが燃焼されず、身体にどんどん蓄えてしまう体質になってしまいます。

そこで、「基礎代謝量をあげる」食材をいくつかご紹介しましょう。

身体を温める食材

体温があがると、それに伴って基礎代謝量もあがります。

ですから、ダイエットをするのであればなるべく身体を温める食材を摂取するように心がけましょう。

身体を温めることは血流促進にもなり新陳代謝を促すので、ダイエットをしながら美肌効果もあるのでおすすめです。

ショウガ

ショウガには、血液をさらさらにして血行を促す作用のある「ショウガオール」という成分と、殺菌作用があり免疫力を高めてくれる「ジンゲロール」という成分が含まれています。

この「ショウガオール」には身体を温めてくれる効果もあるので、できれば温かくしたショウガを取り入れるとより効果的です。

また、ショウガには自律神経を整える働きもありますので、ストレスがたまりがちなダイエット中にはぜひ取り入れたい食材のひとつです。

たまねぎ

たまねぎもまた、身体を温める効果のある食材のひとつです。

中でも、スライスした時にツンとくる独特の臭いの「硫化アリル」は、中性脂肪を減らす効果があるとの研究結果が出ているほど、ダイエット効果はお墨つきです。

また、新陳代謝を促進し消化効果をあげる作用もあるので、摂取したダイエット効果のある食材をまんべんなく身体に取り入れてくれることができます。

ダイエット食として、一時期ブームになった「酢たまねぎ」がありましたが、これはお酢のダイエット効果とたまねぎのダイエット効果を同時に摂取して痩せ体質になろう、というもの。

お酢は1日に小さじ1杯は飲みたいダイエット食材ですので、簡単かつ効果的なこの「酢たまねぎ」を試してみてはいかがでしょうか?

作り方は簡単で、スライスしたたまねぎを一晩お酢につけておくだけ。

冷蔵庫で3日は持ちますし、とても手軽です。

ただ、たまねぎをスライスする時に気をつけてもらいたいのが、スライスしてから水にさらすまで30分は時間をおくこと。

有効成分である「硫化アリル」は非常に不安定な成分なので、スライスしてすぐに水にさらしてしまうと、せっかくの成分の多くが水に流れだしてしまうからです。

なかなか知られていないのですが、たまねぎをすぐに水にさらしてしまっていた人は、この点に気をつけるようにしましょう。

代謝を高める食材

基礎代謝量があがれば、それだけ効率的にエネルギーを燃やすことができるため、ダイエット効果が早く実感できるでしょう。

基礎代謝量をあげるには、タンパク質に含まれる「アミノ酸」を摂取するのが一番です。

アミノ酸にもたくさんの種類がありますが、中でも「アルギニン」というアミノ酸はぜひともダイエット中には摂りたい成分です。

アルギニン

アルギニンは、通称「成長アミノ酸」とも呼ばれており、エネルギーの生成に深く関わっている成分です。

成長ホルモンを誘発する際に必要とされるので、ダイエット中に陥りがちな筋肉量の減少を抑えて、筋肉を作る働きをサポートしてくれる働きを持っています。

また成長ホルモンは、脂肪から脂肪酸への分解を促進し脂肪が燃えやすくします。

また、研究結果ではダイエット中にアルギニンを摂取したところ、筋肉量は減ることがなく脂肪のみを落としたという報告もあります。

ですから、ダイエット中にはぜひ「アルギニン」を含んだ食材を選んで摂取すると良いでしょう。

アルギニンが豊富に含まれている食材は、
・鶏肉
・豚肉
・かつお
・大豆
・ピーナッツ
などがあります。

ナッツ類はカロリーは高いので、ダイエット中にはたくさんの量を食べるのは控えたいですが、ナッツの脂分には善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らすオメガ3と、コレステロール値の低下や、生活習慣病の予防に効果的なオメガ6が含まれていますので、おやつがわりに少量摂取することで、ダイエットの邪魔をすることなく健康的にダイエットをすることができますよ。

ビタミンB群

ビタミンB群には、摂取した食事の燃焼をサポートする働きをするので、ダイエット中にはかかせないビタミンです。

ビタミンBにはいくつかの種類があり、その種類によって燃焼する栄養素が違います。
糖質の燃焼にはビタミンB1、脂質の燃焼にはビタミンB2、体脂肪の燃焼には4種類のビタミンB1、B2、B6、B12が必要となってきます。
これらを食事から、まんべんなく補おうとすると、特に脂質の代謝には4種類ものビタミンBが必要になるので大変です。

最近では、数百円程度でこれら全てのビタミンBが配合されている「ビタミンBコンプレックス」というサプリメントが販売されていますので、ビタミンBを補給するにはこうしたサプリメントを利用するのが良いかもしれません。

ただ、ビタミンB群は身体に貯蓄することができませんので、一度にたくさんとっても使い切れない分は尿と一緒に排出されてしまいます。

ですから、できれば食事毎に摂取する、というのが一番良いでしょう。

その他に食べたい、ダイエット中の食材

キノコ類

キノコ類はローカロリーの上、ボリュームもあるので空腹を満たしてくれることができます。

更に、キノコ類に含まれる「キノコキトサン」という成分には、脂肪を排出させ、内臓脂肪を燃焼させる効果があることがわかりました。

「今日は少し脂っこいものが食べたいな」という時には、一緒にキノコ類も摂取することで食事で摂取した脂分を排出してくれるので、ぜひ活用してください。

ワカメ

ワカメには、甲状腺を正常に保つ働きをしてくれる「ヨウ素」がとても豊富な食材です。

この「ヨウ素」には、糖質、脂質、たんぱく質と3大栄養素全ての代謝促進を促してくれる作用があります。

ワカメもカロリーがほとんどない上に、水溶性の食物繊維が豊富ですので、お腹の中で食事と一緒に摂取した水分をぐんぐんと吸収し満腹感を得ることができます。

また、ダイエット中のお悩みのひとつでもある便秘にも効果的ですので、お味噌汁などに入れて積極的に食べたい食材のひとつです。

まとめ

ダイエット中には、カロリーを減らさないといけない=食べられる食材が限られてくるため、どうしてもいつも頭の中には食べ物のことばかり浮かんでしまいますよね。

食事でのダイエットは「カロリー制限」と思いがちですが、カロリーを「減らす」のではなく、身体の基礎代謝を上げて「燃やす」ダイエットの方が、健康的かつ効率的です。

リバウンドの心配も少なく、理想的なダイエット方法です。

ですから、ダイエット中とはいえ食事はきちんと、摂取する食材を気をつけながら食べることで無理のないダイエットを実現できますよ。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)