ダイエット中のお肉はNG!?お肉も食べてダイエットしたい女子の願望

ダイエット中のお肉はNG!?お肉も食べてダイエットしたい女子の願望

ダイエット中と言えば、「お肉は食べちゃだめ」と思われがち。

でも、実はダイエット中こそ、お肉はしっかりと食べた方が良いのです!

その理由と、ダイエット中でも太りにくいお肉料理のレシピをご紹介します。

お肉は貴重な「タンパク質」源。減らすと基礎代謝も低下する原因に

「痩せる体質」の人は、身体の筋肉量が多いといいます。

筋肉は身体の脂肪を燃焼させる「基礎代謝量」と非常に密接な関係があり、ダイエットによって体重と共にこの筋肉量が落ちてしまうと、身体は摂取したエネルギーを燃焼しづらくなり、余計に太りやすい体質になってしまうと言われています。

また、このように筋肉量が減った状態でリバウンドしてしまうと、筋肉量は増えないで脂肪だけが身体についてしまう「メタボ体型」になってしまうと言います。

ちょっと考えただけでも怖いですよね。

こんな「メタボ体型」や「デブ体質」にならない為には、ダイエット中でも筋肉量を減らさない努力が大切です。

筋肉は、タンパク質がアミノ酸に分解され、それを元に構成されます。

ですから、お肉などのタンパク源を一切摂らないでいると、それに伴って筋肉量も減ってしまい基礎代謝量が落ちてしまい、痩せづらい体験を作ってしまうのです。

もちろん、お魚やお豆腐などからもタンパク質は摂取できますが、より人間のタンパク質の構造に近い「動物性のタンパク質」を摂ることによって、より効率的に筋肉を作る手助けをしてくれるとも言われていますので、お肉を全く抜いてしまうのはダイエット中には実はあまりオススメできないのです。

また、お肉には「L-カルニチン」と呼ばれる、脂肪を燃焼してくれる成分が含まれています。

この「L-カルニチン」はもともと医療現場でも使われていた成分で、燃焼系ダイエットサプリメントの主成分でもあります。

特に赤身のお肉に多く含まれるこの「L-カルニチン」ですが、この成分自体が脂肪を燃焼してくれるわけではなく、脂肪を燃焼・分解しているのは、細胞の中に含まれているミトコンドリアという物質。

ミトコンドリアは脂肪をエネルギーへと変換する機能を持っています。

胃や腸で消化された脂肪は、血管を通って、ミトコンドリアへと運ばれます。

この時、脂肪を運ぶ舟のような働きを行なうのがL-カルニチンなのです。

ですから、L-カルニチンが不足すると摂取した脂肪分が燃焼器官であるミトコンドリアに運ばれることができなくなり、結果、身体に「お肉」として貯蓄されてしまうのです。

ですから、脂肪の燃焼を助けるこの「L-カルニチン」を補う為にも、ダイエット中にはお肉を食べた方が良いのです。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)