ダイエット中にどうしても我慢できない時、夜食に選びたい食材は?

ダイエット中にどうしても我慢できない時、夜食に選びたい食材は?

ダイエットをしている最中は、「夜ごはんはなるべく早めに済ませるように」気をつけている人が多いと思います。

でも、そうすると夜寝るまでの間にどうしても小腹が空いてしまう・・・ついつい、夜食を食べてしまいそうな衝動に駆られてしまうものです。

ダイエット中の我慢できない夜食、どのようにすれば良いのでしょうか?

夜9時以降に食べた食事のカロリーは全て「脂肪に」。食べる時間に気をつけて

夜、9時以降に食べた食事は全て脂肪として貯蓄されてしまうと認識してください。

夜は「消化のゴールデンタイム」という時間帯があり、夜の10時から夜中の2時までがそれにあたります。

この時間に、消化器官は食べたものをせっせと体内に蓄えようと動きます。

ですから、できればこの時間帯にはお腹には何も入っていないのが理想的なのですが、どうしても夜お腹が空いて我慢ができない、また、仕事などで夕飯が遅い時間になってしまう・・・そんな方は、「夜に食べても太りづらい」食材や食品を選んで、少量食べるようにしましょう。

夜中に食べても太りづらい食品とは

夜遅くに食べるのであれば、下記のような食事をするように心がけることでダイエット中でも太りづらいでしょう。

1:低カロリーの食べ物

基本的なことですが、カロリーの高いものはダイエット中の夜食として絶対にNGです。

目安としては200kcal未満に抑えるようにしたいものです。

おすすめなのは、お腹の中で水分を含んで大きく膨れ満腹感の得られる「水溶性食物繊維」を含む食材。

夜食では、寝るまでの時間がないので、なかなか食事を手作りする人も少なく、つい気軽に口にできるスナック菓子やインスタント麺などで済ませてしまうことも多いかと思いますが、ゴボウやこんにゃくなどを使った煮物を時間のある時に作り置きしておき、夜中にちょっと小腹が空いたときにつまむと良いでしょう。

その際には、水分もたっぷり摂るようにして。

また、それでも食事を作る時間がなかったり、コンビニで簡単に済ませたい時などは、こんにゃくでできたゼリーやヨーグルトなどがおすすめ。

ヨーグルトに含まれるカルシウムは、脂肪の燃焼を助ける機能がありますから、夜に食べても太ることはないでしょう。

もちろん、ヨーグルトにも脂肪分が含まれますので、たくさんの量を摂ってしまっては太ってしまいますから、あくまでも「200kcal」の制限は守るようにしてください。

最近では、「カロリーゼロ」のゼリーなどもコンビニで手に入りますから、そうしたものを口にするのも甘みもあるので満足感も得られ、カロリーも抑えられるので良いでしょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)