髪の毛の傷みにはワケがある!髪のダメージの原因を知ろう

髪の毛の傷みにはワケがある!髪のダメージの原因を知ろう

髪は女の命とも言われる重要な組織です。髪の綺麗な女性は、男性からの好感度も高いですし、なにより清潔感がありますよね。髪が傷んでしまったには、理由があります。まず、どんな生活が髪にダメージに与えるのかを知っておきましょう。

髪のダメージ、原因は水分不足がほとんどです

なぜ自分の髪に傷みが生じてしまったのか…悩ましい方、多いかと思います。実は髪のダメージの原因は、髪の毛そのものの「水分不足」が原因となっている場合が多いんです。髪の毛が水分不足になってしまう原因を知れば、おのずと髪の毛が傷んでしまうことを防ぐことが出来るのです!

1、カラーやパーマを頻繁にかけている

オシャレに気を遣っている女性であれば、数か月に一度は美容室に足を運ぶことでしょう。しかし、そのオシャレのためのカラーリングやパーマがあなたの髪を傷ませているかもしれません。

カラーは、髪の毛に浸透させるのに液を塗りますよね。そして、熱を加えて着色させます。パーマも液を付けて髪の毛を柔らかく伸縮性を最大にし、伸ばしたり思い思いのスタイルに成形した後にそのカタチで保つためにまた液を付けて固めます。こういった髪の毛が普通では引き起こされない現象を無理矢理に引き起こしていることで、髪には相当なダメージが加わってしまっているのです。

2、シャンプー等の自分に合ったものがわかっていない

ノンシリコンが良いとか、オーガニックが良いとか、シャンプーについての迷信は数多く広められていますね。無条件に多くの人にとって良いものがあるわけでは無く、自分の髪質に最適なものを選んで使わなければなりません。ドライヘアの人が、保湿成分の入っていないオーガニックのシャンプーを使ったところで、髪の水分がどんどん抜けていってしまいます。逆に、栄養過多の人が石油系成分の入ったシャンプーを使用することによって頭皮に汚れが溜まってギトギトの髪になってしまいます。自分の髪に最適なシャンプーを見つけて使用することによって、髪のダメージを防ぐことができます。

3、髪を乾かす方法が間違っている

髪の毛を乾かすのに、タオルでゴシゴシ拭いてはいませんか?髪のキューティクルが剥がれてしまう原因になるので、ゴシゴシ拭くのは絶対に止めましょう。また、髪をしっかりとドライヤーで乾かすことをせずに自然乾燥させている方も要注意。水分がどんどん蒸発してしまって、髪の内部にとどまっておくべき水分まで出て行ってしまい、パサつきの原因となりますのでやめましょう。

4、保湿を怠ってしまっている

ヘアクリームなどで、適度に保湿を心がけることが重要です。保湿はスキンケアだけ…と思わずに、髪に対しても保湿対策を打っておきましょう。

いかがでしたか?もしも自分に当てはまるものがあれば、それは髪へのダメージになっていますので注意が必要です。悪い習慣は止めて、髪にとって良い行動を心がけましょうね。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)