女の命、髪の毛を綺麗に見せたい!髪のパサつき予防に最適なのは?

女の命、髪の毛を綺麗に見せたい!髪のパサつき予防に最適なのは?

自分の髪の毛を綺麗に見せたいというのは、女性なら誰しもが思うことでしょう。しかし、実際に綺麗に見せるのはそう簡単なことではありません。

ヘアケアしているつもりなのに、髪のパサつきが目立ったダメージヘアになっているという方、少なくないと思います。パサつきの正しい予防法を知っておきましょう!

オイルを使ってパサつきを予防

パサつきを抑えるためにヘアケアを行なっているという方がほとんどかと思います。しかし、そのケアについて用いているのはヘアクリームが大半。ヘアオイルを使っているという人は少数派です。

・ベタついてしまう
・ツヤというよりテカってしまう

といった声が多く聞かれるオイルですが、実は正しく使えばヘアクリームよりも優秀なんです。

オイルといえば椿油が有名ですが、髪への浸透力を考えたらホホバオイルの方が一枚上。椿油の保湿力は確かに高いですが、オイルそのものが持っている栄養はホホバオイルの方が良いんです!ベタつきが気になるという方は、シャンプーをする前に馴染ませておけばGOOD!

静電気を防ぐことが重要です

髪にとって静電気は強い刺激です。繊細な構造ですので静電気でダメージを受けてしまったら、それの修復に相当の時間と手間を必要とし、パサついた髪で長く過ごさなくてはいけなくなります。

静電気は髪の毛が乾燥している時に発生しやすいので、髪を滑らかで水分たっぷりの状態を保つのが必須!ブラッシング時に静電気が発生しやすいので、出来れば猪毛や豚毛といった天然素材のものだと静電気の発生を抑制してくれます。

髪の乾かし方、正しい方法ですか?

お風呂あがりにタオルでゴシゴシ…という方、気を付けてください。正しいタオルドライの方法は、「擦るではなく抑える」です。タオルで髪を覆ったら、軽く抑えるようにして水気を取り除きましょう。髪の毛を擦るのではなく、頭皮を抑えて水分を吸い取るような感覚です。

ドライヤーを使う際も、熱風が出ているすぐ側で髪を乾かさずに出来るだけ離したところから温風を当てるのがGOOD!髪の毛の根本に温風を送り込むような感覚で手ぐしをいれながら、ある程度乾いてきたら毛の流れに沿って今度は上からドライヤーをあてます。仕上げは冷風にして、熱の刺激を最小限にとどめるようにケアしてあげるのがオススメです。

トリートメント、きちんと洗い流していますか?

トリートメントを使用するのは良いですが、きちんとした方法で使えているでしょうか?時間を長くおいたからといって浸透するには限度がありますし、たっぷりの量をつけたからといっても効果が倍期待できるかといったらそうではありません。

使い方に記されたとおりに使用するのが一番良いでしょう。そして、きちんと洗い流すことが重要です。すすぎ残しがあると、頭皮が荒れて髪にも栄養や水分が十分に行きわたらなくなり、結果パサつくといった悲劇が引き起こされてしまうので気をつけましょうね。

パサつきを予防するために、毎日適切なヘアケアを行っていけば、必ず良い髪へと修復されていきます。短期間で結果を求めず、デイリーケアの積み重ねがあなたにツヤ髪をもたらすのです。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)