かゆみがツラい肌荒れ!かゆみの原因を知って、お肌のかゆみを静めよう!

かゆみがツラい肌荒れ!かゆみの原因を知って、お肌のかゆみを静めよう!

肌がかゆくて黙っていられないという方も多いのではないでしょうか?とはいえ、肌のかゆみくらいですぐに病院に行こうとも思わないですよね。かゆみは実は肌荒れから起こっているのです。かゆみを引き起こす肌荒れの原因について迫っていきます。

肌荒れの原因、それは乾燥!

我慢できないくらいのかゆみを生じる肌荒れ、その原因は実は肌の乾燥と大きく関係しています。

肌が荒れてしまうとブツブツができてしまったり、赤みを帯びてきたり…腫れ物には触るな、とケアを怠り更に乾燥を加速させてしまいます。

その結果、肌荒れによって乾燥し、あのツラ~いかゆみを引き起こしてしまうのです。

乾燥してしまうと、かゆみが生じます

なぜ肌が乾燥するとかゆくなってしまうのか…を知っておきましょう。乾燥した状態の肌は、外部からの刺激により敏感になります。健康な状態の皮膚であれば刺激と感じないほどのものでも、刺激と感じとってしまいます。

肌にとって水分は、バリア機能そのもの。肌のバリア機能が乾燥によって低下してしまい、タオルで拭いただけで擦れて傷ついてしまったり、化粧品でさえ刺激となってしまったりすることによって肌荒れを加速させかゆみを生じさせてしまうのです。

肌が乾燥することによって、普段弱酸性の肌がアルカリ性へと変化します。これによってバイ菌が繁殖しやすくなることによってもかゆみを発生させてしまいます。

かゆくても、絶対にかかないこと!

あのムズかゆさを我慢するのは至難の技だと思います。しかし、肌をかき壊してしまっては更に肌荒れを悪化させることになってしまいますのでかくことは絶対にやめましょう。

また、人は自分の肌をかくことによってかゆみを感じさせるといわれているヒスタミンという物質が生成されてしまうんだとか。かいてもかいても、かゆみが無くならないのにはこういった理由があるのです。

乾燥を絶つことで、かゆみの原因を無くそう

肌がかゆくなってしまうのを防ぐには、乾燥を防ぐことが重要です。

・素材を確かめる
まず、肌と擦れあってしまうことが少ないように周りの物の素材をチェックしましょう。化学繊維を多く身に付けるよりも、なるべくなら綿のように天然素材のものを身につけるように心がけると肌への刺激を減らせます。その結果、かゆみの発生を抑えることができます。

・長湯しすぎないようにしましょう
半身浴が美容に良いという話しをよく聞きますが、実は入り方によっては肌の乾燥を招いてしまいます。ぬるめのお湯に30分浸かってしまうと、体内の水分量が減ってしまうのでオススメできません。半身浴は20分程度に留めておきましょう。

かゆみ防止の生活習慣を実践しましょう

肌のかゆみを防ぐには、原因となる肌の乾燥を防ぐことが重要です。今までの生活習慣や環境を一度見直し、肌を乾燥させない生活を送って肌トラブル知らずの健康的な肌を目指しましょう!

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)