乾燥による肌荒れを予防して、乾燥知らずのお肌をGET♡

乾燥による肌荒れを予防して、乾燥知らずのお肌をGET♡

肌荒れを引き起こす一番の原因といえる乾燥。お肌が乾燥してしまうことによって、様々なトラブルが…。デイリーケアでしっかりと乾燥予防をして、健康なお肌を手にいれましょう。

乾燥防止のために、お風呂の入り方を再確認しよう

美容に気を遣う女性であれば、お風呂タイムを充実させていることでしょう。しかし、間違った方法で入浴していると、乾燥を招いてしまうんです!あなたの入浴方法は正しいかどうか確認してみてくださいね。

・長湯しすぎに注意!
ぬるめのお湯に長く浸かる半身浴ブームが留まるところを知りません。しかし、あまりに長湯しすぎてはお肌の乾燥を招きます。

実は、肌に特化していえばぬるめのお湯に短時間の入浴が一番良いんです。皮膚がふやけてしまうほど入ってしまうと皮膚の保湿成分が出ていってしまうと同時に肌が本体含むべき水分を逃がしてしまうので、長湯は避けましょう。

・ゴシゴシ洗ってはいけません
綺麗なカラダにしたい気持ちはわかりますが、ゴシゴシ洗ってしまうのはNG。肌を傷つけることになってしまいますので、体を洗うときには泡立てた泡で撫でるように洗いましょう。ナイロン製の体を洗うスポンジは肌には刺激が強いので、手ぬぐいやハンドタオルをスポンジ代わりに使うと低刺激で良いですよ。

部屋の空気、気にしていますか?

意外にも肌にストレスをかけてしまっているのが部屋の空気。快適な温度になっても、快適な湿度になっているかどうかは別問題です。特に冬は暖房器具によって乾燥しがちですので濡らしたバスタオルを干したり、自宅にいるときに洗濯をして部屋干ししたりと対策をうつことをオススメします。もちろん、加湿器を使って湿度の調整を図るのも良いですよ。

また、外と中の空気の差も肌にとってはストレスですので、なるべく重ね着をして暖かい空気を多く服と服の間に溜めておけるようなコーディネートをこころがけましょう。

寝具や衣類の素材を気にしましょう

寝具や衣類の素材も重要です。普段肌と触れ合う機会の多い素材は、なるべく化学繊維ではなく天然由来の綿や麻、シルクといった素材を選ぶと良いでしょう。

なかなか天然由来の繊維100パーセントの服ばかりとはいかないと思いますので、一番肌に触れる下着だけでもしっかりとした素材を選ぶと良いでしょう。

良質な睡眠、とっていますか?

実は、睡眠も肌荒れに大きく関係するのです。睡眠不足になることによって、ホルモンバランスが崩れてしまい結果、肌が乾燥してひび割れてしまうことに繋がります。

寝不足になることによって肌のターンオーバーがうまく出来なくなるので、古い皮膚のまま長く過ごすことになり、くすみや肌荒れも目立ちます。同時に乾燥することによってそれらが治りにくい肌になってしまうのです。

一見関係ないことに思えがちなことでも、実はお肌に深い関わりを持っているんです。いかがでしたか?綺麗なお肌を実現すべく、肌荒れにさせないよう乾燥予防に努めましょうね!

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)