ツヤ髪へ導いてくれる「オイルパック」とは?

ツヤ髪へ導いてくれる「オイルパック」とは?

髪に使える様々なオイルが発売されていますよね。このオイルを使ってヘアケアすることを「オイルパック」といいます。ダメージヘアをツヤ髪へと導いてくれるこのケア方法をぜひ知って実践してみてください♡

オイルパックで髪はどう変わってくれるのか

オイルパックをすることによって期待できるのが、髪の水分補給と栄養補給です。コシ、ハリ、ツヤが無くなってきたなぁ…と感じたら、ぜひオイルパックをお試しください。

オイルパックをする方法って?

実際にオイルパックをする方法ですが、まずはオイルが固まっている場合は溶かす必要があります。湯煎して溶かしておきましょう。手のひらにひとすくいしたら、頭皮全体をまんべんなくマッサージします。

指の腹の部分を使って優しくオイルをもみ込んでいくイメージで行いましょう。マッサージが出来たら、髪をブラッシングしましょう。これによってオイルが髪の毛先まで均一に行き届きます。

そのあとは蒸しタオルやシャワーキャップを付けて30分ほど置いておきましょう。髪へ栄養を浸透させるのです。そして、最後にしっかりと洗い流しましょう。しっとり感が嬉しいですが、ベタつくと感じる方はシャンプーを二回行うと改善されます。

オイルによって効果は様々なんです

使用するオイルによって効果が様々な点がとても面白いです。自分の髪のコンディションに合わせてオイルを選んでパックするのも楽しいですよ♡各オイルの特徴についてお話していきます。

・椿油
比較的安価で、ドラッグストアなどで気軽に購入できるヘアケアオイルのパイオニア的存在です。香りも特に強くなく、誰にでも使えるのが良いところ。保湿力や栄養価は平均的ですので、オイルパックを初めてみる方はぜひクセのない椿油から初めてみてはいかがでしょうか。

・ココナッツオイル
食品としても用いられることからその栄養価の高さはピカイチ!エクストラヴァージンオイルと記載のあるものを購入すると、人工的に作られたものよりも更に栄養価の高いのでオススメです。ココナッツオイルに含まれるビタミン類が髪へと補給されるので、パサパサの髪も見違えるようなツヤ髪へと変化します。

・馬油
シャンプーでもおなじみの馬油。人の肌へ浸透する力が高いとされており、保湿効果に期待ができます。また、抗酸化作用や抗菌作用も注目されており、痩せてしまっている髪を健康な髪へ導くことが出来るオイルといえるでしょう。

・アルガンオイル
期待できるのが、紫外線を防ぐ効果です。髪の保湿効果が高いだけではなく、オイルパックをした後にも効果が持続するのが嬉しいポイント!髪の紫外線対策として定期的に行うことによって、髪が乾燥してしまうのを予防することが出来ます。

自分に合ったオイルで、ぜひオイルパックを♡

いかがでしたか?冬は髪も乾燥してしまって、ダメージが目立ってくる季節です。髪へのスペシャルケアとしてオイルマッサージを定期的に行って、ツヤ髪をキープしてくださいね!

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)