目がかゆい!そして赤い!目のかゆみと赤みの原因と予防法は?

目がかゆい!そして赤い!目のかゆみと赤みの原因と予防法は?

目にかゆみが生じてしまうこと、あると思います。ついかいてしまって、気が付いたときには目が赤く充血してしまうこともよくありますよね。

ここでは、目のかゆみと赤くなる原因として考えられるものを挙げていきます。更に予防法も併せてご紹介しますので、参考になさってくださいね。

かゆみと充血を引き起こす疾患とは…

目のかゆみと赤みを引き起こす疾患について知っておきましょう。

・ウイルス性結膜炎
有名なのが、アデノウイルス。小さなお子さんがいらっしゃる方は聞いたことのあるウイルスかと思います。かゆみと同時に目が充血し、更に目やにや腫れをもたらす大変つらい症状です。

毎年夏になると大流行するプール熱もこのウイルスが原因で、目のかゆみや充血と共にのどが激しく痛み、高熱を出すことも。

・アレルギー性結膜炎
なんらかの外的要因によって目に刺激が加わって、目にかゆみや充血をもたらしてしまう病気です。

一年を通して原因とされる物質が、空気中の塵やホコリといったハウスダスト。季節性のものだとスギ花粉が有名な原因物質です。このアレルギー症状が悪化すると春季カタルと呼ばれる疾患へ移行してしまいます。これには先程までのかゆみと充血に加えてまぶしさや目やにが出ることも。

・細菌性結膜炎
細菌性結膜炎を引き起こす黄色ブドウ球菌に感染してしまうとかゆみと充血に加えて目やにが出てきます。目やには、他の症状に比べて黄色っぽいものが多い傾向があります。

・ドライアイ
パソコンやスマートフォン、ゲーム機の画面を長時間みる傾向のある人によく見られる症状で、立派な目の疾患の一種。目の乾燥によっても引き起こされるためにこの名がついたとされています。かゆみや充血はもちろん、それに加えて目の疲労感や異物感も一緒に発症するケースが多いようです。

かゆみや充血を避けるために…

目のかゆみや充血を防ぐためには、毎日の生活で出来る予防を行なう事が効果的です。まずは目を手でゴシゴシ擦らないようにすること。強い外的刺激によって、目が炎症を起こしてしまいますし細菌を進入させることにもつながるからです。

また、手を良く洗うことも重要です。石鹸で指の間や手首までしっかりと洗うことをオススメします。涙の分泌が減ってしまうと目が乾燥してしまうので、目が乾くと感じる方は目薬を日常的に使用すると目そのもののバリア機能を維持できるので良いでしょう。

かゆみと充血への適切な対処法とは

かゆみを生じた際に一番いいのが冷やすことです。冷やしたタオルを目の上に置くと、目がスーっとして大分ラクになるのを実感できるでしょう。これは一時的なものですので、何日も症状が続く際には必ず眼科を受診するようにしましょうね。

現代病ともいえる目の疾患から自分を守るために、自分で出来ることから始めて予防をしましょう。もしも症状が出た際には目を冷やして様子を見、それでも改善されなければ受診をオススメします。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)