気付かぬうちに肌は乾燥している!目に見えないコワ〜い乾燥肌

気付かぬうちに肌は乾燥している!目に見えないコワ〜い乾燥肌

「肌の乾燥」と聞くとどんなイメージを持つでしょうか。白い粉のようなものが肌の表面に見える、触るとガサガサしている…そういった事を想像しませんか?

空気の乾燥や、肌のカサつきを感じると保湿ケアに努めますよね。でも、自覚が無くても肌が乾燥している事があるのです。そんな隠れ乾燥肌に注目していきましょう。

隠れ乾燥肌って一体何者?

一般的に、肌は3種類に分けられます。

脂性肌と乾燥肌、そして厄介な混合肌です。

乾燥肌の人は表面的に乾燥を感じますが、脂性肌の人のように皮脂の分泌の多さと肌のテカリがある場合は、乾燥など想像もしないのではないでしょうか。

でも、肌の乾燥とは表面的な乾燥だけではないのです。皮脂の過剰な分泌の裏には、意外にも乾燥が関わっていると言われています。脂性肌でテカリに悩む人たちは、もしかしたら肌の内部が乾燥しているかもしれませんよ。

肌が乾燥するメカニズムを知ろう!

皮膚は、皮脂膜・天然保湿因子・角質細胞間脂質(セラミドなど)の3つの物質によってバリアが作られています。このバリアが紫外線などから肌を守り、肌の内部にある水分を蒸発しないようにしてくれるのです。

しかし、このバリアが壊れてしまう場合があります。その原因は主に「乾燥」によるものです。肌が乾燥する要因としては、加齢が大きく関わってきます。

それ意外にいえるのが、食生活や睡眠サイクルの乱れによっても乾燥が引き起こされるということ。エアコンをつけっぱなしにすることによって肌へのストレスをかけてしまっていることも考えられます。まずは、ライフスタイルを整え、心身ともに健康で保つ努力が大切かもしれませんね。

目に見えない乾燥

皮脂の分泌やテカリを悩みに持つ人たちは、内部の乾燥もと言われても、本当に自分が乾燥しているのかどうか分からないですよね。

例えば、皮脂の分泌が原因でこんな悩みを抱えている人たちは、知らず知らず乾燥している可能性があるようです。

  • すぐにメイクが崩れてしまう
  • ニキビが多く、治ったと思ったらまた出てくる
  • テカリが気になる

といった症状が見られ、どんな手を尽くしても上記の悩みが解消されない……という方はもしかしたら悪循環に陥っているかもしれません。

さっぱり系スキンケア用品を選んだり、あぶらとり紙などを用いて、とにかく皮脂を取り除こうとしたりしていませんか?肌の乾燥が原因で皮脂が過剰に分泌されている場合、これはむしろ逆効果なのです。

乾燥した肌のケアについて

乾燥肌の人にも言える事なのですが、内部の乾燥が原因の脂性肌の人は、悩みが解決しない原因として「間違ったスキンケア」が考えられます。

肌の乾燥にとって気をつけなければならない点がいくつかあります。

・洗い過ぎないこと

洗顔によって、皮脂は失われていきます。特に脂っぽい肌質の人は、皮脂を気にするあまり何度も洗顔をしてしまうかもしれません。

皮脂は、肌の保水力や外的刺激からのバリアという意味でも、必要な存在です。

バリアを失った肌は非常にデリケートなので、外出やメイクによって大変な負担がかかってしまいます。

・こすりすぎないこと

クレンジングや洗顔の際、ゴシゴシとこすりすぎないようにしましょう。

特に夜メイクを落とす時に、つい力を入れてしまうかもしれません。力をかけなくてもよく馴染んで落ちやすいメイク落としを選びましょう。

・自分に合ったスキンケア用品選びをすること

乾燥と聞いたからといって、化粧水を付け過ぎたり、保湿クリームやオイルなど多様な化粧品を使用したりするのは避けましょう。

お肌には本来回復力がきちんと備わっています。自分の肌が何を失った状態なのかを知り、それに合わせて肌の回復力を手伝わせるというつもりで使用しましょう。

ライフスタイルの乱れや情報の錯綜による誤ったケアは、現代では誰にでもあり得る事。それにより乾燥がもたらされ、肌の本来持つ力が弱まっている可能性が高いのです。

目の前の悩みをやみくもに取り除く事ではなく、肌の健康を取り戻すという事に意識を向けるのが大切ですよ。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)