髪の毛と食事って関係あるの?髪にいい食べ物と注意したいもの

髪の毛と食事って関係あるの?髪にいい食べ物と注意したいもの

髪の毛の健康と食事は関係があるのでしょうか。食べたいものばかりを食べていても、美しい髪の毛は手に入れられません。どういった関係があるのかを詳しく知っていきましょう。

そもそも髪の主成分って?

髪の主成分はケラチンというタンパク質です。

このケラチンという物質をより多く作り出していくことが髪の毛を育てるのに必要不可欠になります。

ケラチンを多く含む食品としては魚、牛乳、肉、大豆などがあげられます。

ところがこれだけではいけないのです。

タンパク質はあくまで髪の原料であり、髪を生成するのにはビタミンやヨウ素が必要になります。

特にヨウ素は意識的に摂らないと不足しがち。

わかめ、昆布などの海藻類を積極的に摂るように心がけましょう。

サプリメントなどでビタミン剤を過剰摂取すると、逆に抜け毛が増加する場合があるので摂取の仕方には注意が必要です。

1つの栄養素に集中するのではなく、バランスのよい食事を日々心がけて生活しましょう。

髪にいい食べ物を知っておきましょう!

アミノ酸を含むタンパク質が多い食品は、髪の基本成分のケラチンのもととなります。

当てはまるのが肉、魚、かき、乳製品などです。

またヨウ素を多く含む食品は髪の発育を促進しますので、これも積極的に摂りたいところ。

これに当てはまるのがわかめ、ひじきといった海藻類です。

更にビタミンA、C、E、Fを多く含む食品は抜け毛を防いでくれます。

当てはまる食品として、にんじん、ごま、レモンやイチゴ、キウイといった果物とナッツ類が代表的です。

ビタミンBは、頭皮の新陳代謝を活発にしてくれる成分を持っています。

玄米、マグロ、豚肉などにビタミンBが豊富に含まれるので、ダイエットに取り組んでいる女性もタンパク質をしっかりと摂ることをオススメします。

また、大事な髪のツヤやハリをよくする食品としてあげられるのは、レンコン、鶏の手羽、納豆など。

このように、髪にいい食べ物は沢山存在します。

これらをバランスよく食べることが髪の毛にもいい効果を与えるのです。

抜け毛の原因?!気を付ける食品

抜け毛の原因といわれる食品、それはコーヒーです。

なぜコーヒーが悪い影響を与えるといわれているのでしょうか。

まず、睡眠不足を誘発してしまうからです。

コーヒーにはカフェインが含まれています。

そのカフェインが睡眠物質のアデノシンを抑制させて脳を覚醒するので眠気を飛ばしてしまい、良質な睡眠を得られないことによって髪の発育に悪影響が及ぼされると考えられているからです。

タンパク質不足を招くとされているのも大きな原因のひとつといえるでしょう。

髪の毛の成分は90%以上が前述したケラチンというたんぱく質で出来ています。

このケラチンを合成しているのが亜鉛なのですが、コーヒーを飲むと亜鉛が減少するといわれています。

その原因はコーヒーに含まれているタンニンです。

これらを参考にバランスのいい食事を!

アミノ酸を含むたんぱく質の多いケラチン、ヨウ素、亜鉛、ビタミン類を効果的に摂取していくことが大切だといえます。

1日で全部を摂取するのはなかなか大変そうですが、小鉢一個分何か増やすなど、工夫はいくらでも出来るのではないかと思います。

髪の毛が健康に生えるように、また抜け毛が減るようにしてみましょう。

ツヤとハリのある髪の毛はとても綺麗ですよ。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)