あなたの髪の毛は健康?ヘアケアと睡眠の関係…睡眠不足が髪に与える影響とは

あなたの髪の毛は健康?ヘアケアと睡眠の関係…睡眠不足が髪に与える影響とは

睡眠をあなどってはいませんか? あなどっているあなた! 今すぐ考えを改めましょう。ヘアケアと睡眠には深いつながりがあるのです。

睡眠不足は頭皮に影響するのです

睡眠不足が続くとお肌にダメージが出てきませんか?

頭皮もあまり考えることはありませんがお肌の一部です。

当然睡眠不足が続くと頭皮にだって影響してきます。

また、睡眠中は1日の中で一番髪を成長させるといわれています。

そのため、睡眠不足は弱い髪を育て、健康な髪を育ててくれないのです。

その結果、抜け毛が増加してしまいます。

健康な髪を育てるのは成長ホルモン!

成長ホルモンは睡眠中に分泌されるといわれています。

これが細胞を活性化させる原因であり、体の回復も促すのですが睡眠中に髪がもっとも成長するといわれている理由です。

寝不足が続くと抜け毛が増える原因になってしまいますから、睡眠時間はどんなに忙しくてもある程度は確保するようにしましょうね。

弱い髪は細くて抜けやすいので、睡眠をしっかりとることが大切です。

大人の薄毛…それも成長ホルモン?

成長ホルモンが髪にとって欠かせない理由は3つあります。

・細胞の活性化
・日中に受けた頭皮ダメージの回復
・たんぱく質のアミノ酸代謝の促進

です。

成長ホルモンは10代をピークにどんどん減少していき、20代になると分泌量がガクッと下がってしまいます。

しかし、今から成長ホルモンの分泌について知っておけば、薄毛解消につなげられるかもしれません!

成長ホルモンの分泌ピークとは…

睡眠後1時間半前後と午前1~2時の2回が成長ホルモンのピークだといわれています。

成長ホルモンが分泌され始める就寝後30分からカウントして、就寝後1時間半~2時間がピークとされています。

レム睡眠(眠りが浅い)のときは成長ホルモンの分泌は低いのですが、ノンレム睡眠(深い眠り)のときほど成長ホルモンがより多く分泌されることが研究で明らかとなっています。

この分泌ペースは起床するまで続きます。

1日を通して成長ホルモンの分泌がピークになるのが午前1時~2時になります。

この成長ホルモンが髪に栄養を取り入れてくれるのは毛母細胞という細胞からです。

ということは、毛母細胞が一番活発な時間帯がベストな時間になりますね。

成長ホルモンの分泌がピークで、毛母細胞も一番活発というまさしく「ゴールデンタイム」なのです。

この波をうまく取り入れて髪の成長を最大にしたいと思いませんか?

社会に出ていると不規則な生活になりがちですが、規則正しい生活を送ることで薄毛解消にもつながるのです。

毎日の生活習慣が、髪に大きな影響を与えます

偏った食生活であり、寝不足であり…と生活に問題がある人の薄毛は改善されにくい傾向にあります。

健康な髪は、健康な体であって初めて生えてくるものなのです。

不規則な生活ではなく健康的な規則正しい生活をすることを心がけしてみてくださいね。

そうすれば薄毛は解消されていき、次第に健康な髪が生えてくることでしょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)