大事な髪のブラッシング!髪の毛の正しいブラッシング方法とは

大事な髪のブラッシング!髪の毛の正しいブラッシング方法とは

毎日何気なくやっているブラッシングも正しい方法があるのをご存知でしたか?

ここで正しいブラッシングをまなんで綺麗な髪を目指しましょう。

ブラッシングの効果

ブラッシングの効果は3つあります。

・絡んだ髪をほぐして汚れや抜け毛を取り除く…整髪効果

・根元から毛先に向けてブラッシングすることで髪全体に皮脂をいきわたらせて艶やかでうるおいのある髪を作る…うるおい効果

・頭皮を適度に刺激することで血行がよくなり、髪に栄養がしっかり届くようにする…マッサージ効果

の3種類です。

ヘアブラシの選び方について

ブラッシングには必ずブラッシング用のブラシを使って下さい。

ブロー用のロールブラシや目の細いくしは不向きです。

素材としては、静電気を発生させずに毛先の柔らかいものがおすすめです。

豚毛や猪毛のブラシなら理想的です。

ナイロン製のブラシは静電気がおきやすいので髪を傷めてしまう可能性が高いです。

また、固くて弾力性のない金属製のものも頭皮や髪には刺激が強すぎておすすめできません。

最近ではマイナスイオンを大量に放出する新素材のブラシも開発されているので、なるべく素材重視で選ぶのがいいでしょう。

ブラッシングのタイミング

基本的にはいつ行っても大丈夫です。

シャンプー前や育毛剤をつける前には行うべきでしょう。

シャンプー前のブラッシングは、ほこりやフケを落とすことによって洗浄効果が上がるのでオススメです!

髪のもつれをといて洗髪時の抜け毛を防ぐ働きもあります。

また、育毛剤を使う前のブラッシングは、頭皮をキレイにするため、育毛剤の浸透を高めるのに効果があります。

軽い刺激を与えることで頭皮の細胞も活性化します。

外出から帰宅後や就寝前などのブラッシングも髪を清潔で理想的な状態に保つことが出来るのでオススメです。

正しいブラッシング法

まず一番にパサつく時や静電気がおきやすいときは、ブラッシング前に髪の毛を水で湿らせるかブラッシング用のスプレーなどで保護します。

ロングヘアーの方の場合は、ヘアクリームや椿油などを毛先につけるとブラシのすべりがよくなるので、枝毛や切れ毛を防ぐことができます。

まずは毛先のもつれをほぐしていきましょう。

いきなり根元からブラシを入れて引っ張ると切れ毛が出来たり、毛根にダメージを与えたりしてしまいますので、最初に毛先のもつれを解きほぐすことが大事です。

傷みがひどいときは手を添えて丁寧に行います。

毛先がほぐれたら次に髪の真ん中そして根元へと順番にブラッシングをしていきます。

抜け毛を最小限にとどめるためにもブラシはゆっくり動かすのがポイントです。

最後に根元から毛先に向けて髪の流れに沿って全体をブラッシングします。

このときにブラシの先を頭皮に強く当てないようにしましょう。

NGなブラッシングとは?

・すばやくブラシを動かすこと

摩擦でキューティクルを傷めたり髪がもつれたりしやすくなります。

・表面だけブラッシングすること

髪全体にブラシを通さないとブラッシングそのものの効果が半減してしまいます。

・下から上へブラッシングすること

キューティクルは根元から毛先に向かって並んでいるので、その流れに必ず沿ってブラッシングしましょう。

逆毛を立てるのも、髪へのダメージとなるので避けた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)