疲れて見えるくすみ肌!ハツラツとした肌を取り戻すには?

疲れて見えるくすみ肌!ハツラツとした肌を取り戻すには?

肌がくすんでいると何となく疲れて暗く見えてしまったり、老けたように感じられてしまったりします。

自分ではそんなつもりがなくても「疲れてる?」と言われると、ドキッとしますよね。

鏡を見てすぐ気がつくようなニキビなどの肌荒れと違い、肌のくすみは人に言われて初めて気づくような場合もあるかもしれません。

また、何となく肌の調子が悪いな…と感じたら、それはくすみである事が多いです。

そんな少々厄介な肌のくすみを解消し、若く元気で明るい肌を取り戻しましょう。

血行不良を改善しよう!

肌に限らず体の不調をもたらしてしまう血行不良。

どうしても健康的には見えないものです。

血行不良は、冷えが大きな原因であるとよく言われていますね。

体をよく温めて、全身の血行を良くする必要があります。

シャワーだけで済まさず適温の湯に浸かる事や、ストレッチなどが効果的です。

また、睡眠不足などの生活習慣の乱れもまた、血行を悪くしてしまう可能性があります。

生活のリズムを変える事は容易ではありませんが、乱れをそのままにしておくと肌のくすみはおろか、体そのものの不調も慢性化してしまうかもしれません。

ほんの少しずつでも構わないので、ちょっと乱れているかな…と感じたら、今の生活の習慣を見直してみましょう。

肌のターンオーバーを意識しよう

肌は、一定の周期の中で新しく生まれ古いものは剥がれ落ちる、というような作業を繰り返しています。

これは「ターンオーバー」と呼ばれる機能です。

これが正しく機能する事で、肌は美しく元気に保たれます。

皮膚の一番表側にある角質は、肌のバリアとしての能力を備えており、みずみずしい肌をキープしてくれます。

ただし、これは健康な角質が生まれて十分に育っている事が大前提。

ターンオーバーの周期の乱れなどにより、未熟な角質が表面を覆っていてはバリアとしての役目を十分に果たす事ができません。

また、古い角質がそのまま残って硬くなってしまう場合もあります。

肌のくすみも、ターンオーバーのサイクルが整えられる事で改善される可能性がありますよ。

聞き慣れない?「黄ぐすみ」

「黄ぐすみ」という言葉を耳にした事はあるでしょうか。

くすみの原因は様々ありますが、ちょっとピンとこないという方もいるかもしれませんね。

ここから更に聞き慣れない単語が出てきます。

「カルボニル化」や「糖化」と呼ばれるものです。これらは黄ぐすみの種類を表します。

それぞれについて簡単にまとめていきます。

・カルボニル化

脂肪の分解物と、真皮にあるたんぱく質が結びついて、黄色く変色してしまうこと。

紫外線による肌へのダメージや、喫煙習慣、ストレスなどが原因だと言われています。

また、加齢によっても起こる場合があります。

・糖化

こちらは、糖とたんぱく質が結合して起こる変色(黄色)のことを指します。

カルボニル化と同様の原因にプラスして、糖質を摂り過ぎてしまうことが原因として挙げられます。

いずれも、対策として最も有効なのは食生活の改善です。

糖質、脂質の摂取を控えめにすることが第一でしょう。

摂り過ぎてしまっている事が原因ですので、あくまでも今よりも減らして必要量に抑えるという意識です。

全く摂るのを辞めるべきであるという訳ではありません。

また、変色の原因となる活性酸素を取り除いてくれるのが、抗酸化ビタミンの存在です。

聞き慣れた栄養素で挙げるならば、ビタミンCやビタミンE、ポリフェノール。

野菜や果物、ナッツや大豆などがオススメです。

黄ぐすみもまた、血行不良の改善や、ターンオーバーの正常化が有効です。

その他、タバコを吸われている方は、可能であれば少し控えめにした方が良いかもしれませんね。

肌のくすみを解消できるだけで、人に与える印象も変わり、自分自身も内側から生き生きとする事ができます。

なぜなら、肌のくすみは身体自体に不調をもたらしている場合が多いからです。

自分の生活習慣を見直し、この機会に是非健康的な肌と身体を手に入れましょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)