美しい肌づくりに!知っておきたいターンオーバーのキホン

美しい肌づくりに!知っておきたいターンオーバーのキホン

「ターンオーバー」という言葉を耳にした事はあるでしょうか。

肌は一定の期間を経て、どんどん生まれ変わっているのです。

正しいターンオーバーの流れが保たれれば、肌のトラブルを防ぐ事ができます。

美しい肌をいつまでも守る為に、またはトラブルとオサラバするために、ターンオーバーの基本について抑えておきましょう。

ターンオーバーとは

「新陳代謝」というと、想像がつきやすいでしょうか。

肌は生まれてから成長し、そしてまた新しく生まれ、同時に古いものはいわゆる「アカ」となり役目を終えて剥がれていきます。

この生まれ変わっていく過程を「ターンオーバー」と呼ぶのです。

なぜターンオーバーは行われるのか

まず肌そのもの仕組みについて、基本的な部分をおさらいしていきましょう。

肌には層があり、それは大きく分けて「表皮」「真皮」「皮下組織」となっています。

「表皮」は字の通り一番外(表)側にある部分でその奥が「真皮」、さらにその奥が「皮下組織」です。

ちなみにターンオーバーが行われているのは、この3つのうちの「表皮」です。

表皮もまた、さらに細かく層になっています。

この層の中で最も表側にある部分は「角質層」と呼ばれています。

この部分は、肌を守る為の機能を果たしています。

最も真皮に近い層を「基底層」と言い、この部分で肌にとっての新しい命とも言える細胞が生まれます。

生まれた後は、表側に向かって押し上げられていき、角質層に到達するのです。

この基底層で良質な細胞が生み出される事で、後の角質層がバリアとして上手く機能してくれる事に繋がってくるのですね。

ターンオーバーの周期は、部位によって差はありますが約28日と言われています。

基底層で生まれた細胞が約14日間かけて角質となり、そこからさらに約14日肌のバリアとして働いた後アカとなるのです。

ターンオーバーは、肌を元気に美しく保つ為に欠かせない機能なのです。

ターンオーバーがうまくいかないと…?

肌が生まれ変わる周期としては、上記に挙げたものが標準です。

加齢と共に遅くなるという事が言われていますが、だからと言って早めるように努めるのが必ずしも良い結果を招く訳ではないようです。

驚くべき事に、ターンオーバーが早まる事もまたトラブルの原因となってしまうのだそうです。

生まれてから十分に育ちきらず表に押し上げられる…こう想像してみると分かりやすいのではないでしょうか。

未熟なままでは、本来の役割を上手く果たす事ができませんよね。

とは言え、遅すぎてもトラブルの元。

肌はとても繊細です。

正しいリズムで元気な角質層が育つ必要があるのです。

では、ターンオーバーがうまくいかなかった場合、具体的にどうなってしまうのか、いくつか例を挙げてみましょう。

①ターンオーバーが遅れると

古い角質が残ったままになる→角質層が厚くなる→皮脂の分泌が妨げられる

②ターンオーバーが早まると

未熟な角質層が押し上げられてくる→バリア機能が脆弱になる→ダメージを防ぎきれなくなる

この他にも、様々な肌トラブルが引き起こされる可能性があります。

正常に保つ為の対策

ターンオーバーが適切な周期で行われ、肌を美しく元気に保つ為には、各種美容ケアはもちろんのことですが、生活習慣の改善が最も重要となります。

肌トラブルの解決策について、よく言われている事であります。

肌のターンオーバーは、私たちの体の機能の一つです。

自分の体を大切にせず、肌だけケアしていても根本的な問題は解決されません。

ターンオーバーがうまくいっていなければ、いくら良い美容液などを使ってもうまく浸透してくれない可能性も出てきます。

これもよく言われる事ですが、肌は寝ている間に作られています。

適切な睡眠をとり、しっかり食べ、元気に活動しましょう。

メリハリをつけた生活によって、肌も体も健康になっていきます。

基本的な事に気を使えば、元々備わっている機能が美しい肌づくりを助けてくれる事でしょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)