肌荒れ知らずのワタシになろう!食べ物見直しでお肌の根本を改善

肌荒れ知らずのワタシになろう!食べ物見直しでお肌の根本を改善

ちょっとした生活習慣の乱れが、肌荒れとして表に現れてくる事があります。

適度な睡眠、運動…そして健康的な食事。

いずれも元気な肌を作る為には不可欠なものばかりです。

それらを見直す事で、肌荒れを撃退したり予防したりする事ができます。

ここでは、その中でも特に食べ物に注目していきたいと思います。

肌にはどんな栄養が必要なの?

これをとっておけば肌荒れは完全に防げる!という万能薬があるわけではありません。

あくまでも、バランスが重要です。

例えばビタミンB群は、不足するとニキビや口内炎などが発生すると言われています。

だからと言って、ビタミンB群だけを摂っていれば良いという訳ではないのです。

また、ダイエットで避けがちな食べ物や栄養素も、全く摂らないのは良くありません。

消化や吸収を助けてくれる食材とうまく組み合わせて適量摂取する事は、肌荒れのみならず体そのものの健康を保つ為に大切な事です。

とはいえ、ものによっては過剰摂取によって体調に影響が出てしまう栄養素もあります。

これもいくつか例を挙げてみましょう。

・ビタミンA

レバーやにんじん、かぼちゃなどに豊富に含まれるビタミンAは、粘膜を健康に保ってくれる働きがあります。

ただし、ビタミンAと一口に言っても二種類あります。

動物性のビタミンA(レチノール)は脂溶性のビタミンのため、摂りすぎると体の中に溜まってしまうので注意が必要です。

・ヨウ素

海藻類に多く含まれるヨウ素。

これは、皮膚や毛髪の乾燥を防いでくれるものです。

これもまた、摂りすぎると過剰症が表れてしまうのだそうです。

肌荒れ別おすすめ食品~ニキビ編~

ここからは、お悩み別におすすめの食べ物をピックアップしていきます。

まずは肌荒れの代表と言っても過言ではない、ニキビ。

ニキビには、先ほども紹介したビタミンB群が重要な存在となっています。

・豚肉

意外な食べ物が出てきた!と感じる方がいるかもしれません。

豚肉にはビタミンB1が含まれています。ビタミンB1は炭水化物の代謝を助けてくれる栄養素です。

炭水化物の代謝が上手く行われる事で、皮脂の分泌を調節できるということに注目しましょう。

ニキビは皮脂の過剰な分泌が原因となっている場合が多いようなので、これは重要ですね。

・納豆

苦手な方も正直多い食べ物ですね。

納豆が苦手な方は、卵やレバーも良いですよ。

これらの食べ物には、ビタミンB2が豊富に含まれています。

ビタミンB2は、上記のビタミンB1と同じく代謝に関係し、皮脂の分泌を調節してくれます。

合わせて摂取するのがオススメです。

肌荒れ別オススメ食品~乾燥編~

ニキビと並んで最も多い肌荒れのひとつ、乾燥。

乾燥は他の肌荒れを生み出す温床ともなってしまうので、なんとか解決したいですよね。

これには、先ほど紹介したヨウ素の他、ビタミンAも乾燥撃退を味方してくれるのだそうです。

・ニンジン

植物性のビタミンAであるカロチンが豊富に含まれている食べ物として有名ですね。

肌の新陳代謝を助けてくれる大切な栄養素です。

健康な肌を生み出し、肌荒れに悩んだ古いお肌とオサラバする為には必要不可欠ですね。

ニンジンの他、ほうれん草やかぼちゃにも多く含まれています。

何事もほどほど……、が大切!

ここで挙げた肌荒れ、そして食べ物や栄養素の例はほんの一部です。

最初にお伝えした通り、偏ることなくバランスよく摂取することが大切です。

食べ物から摂取するのが難しい場合は、サプリメントに頼る事もひとつの手ですが、可能な限り食べられる場合は食べましょう。

肌荒れに良いと言われているものも、良くないと言われているものも、全く摂らなかったりそればかりになったりするというのはオススメできません。

ダイエットをしているから炭水化物やタンパク質、脂質は全く摂らない!という生活を続けると、理想の体型は手に入っても肌荒れの悩みだけが残ってしまうかもしれないからです。

肌荒れの解決には、食べ物を正しくほどほどに摂取する事が鍵になっているのだという事を忘れないようにしていきましょうね。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)