喉が痛い時のSOS!ツライ喉の痛みを和らげる5つの対処法

喉が痛い時のSOS!ツライ喉の痛みを和らげる5つの対処法

風邪を引き始めると「いつも喉からやってくる!」という方は多くいらっしゃいます。
特に冬は咽喉が乾燥しやすく、炎症を起こしやすくなります。
喉の痛みを放置しておくと、唾を飲み込むこともツラくなり、
ご飯が食べられなくなったり、
声を出すことがツラくなったりと、毎日の生活に支障をきたしてしまいます。
そこで今回は、「喉が痛くなる原因とは?」
「喉が痛くなった時の対処方法」などについてご説明いたします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

【喉の痛みの原因とは?】

空気が乾燥する季節に多く見られる喉の痛みの原因は風邪です。
風邪を引くと免疫力が低下し、喉にウイルスが張り付いて炎症を起こします。
熱が出たり喉が腫れたりするのは、体がウイルスをやっつけようと
炎症反応を起こしている状態なのです。
ウイルスの活動が弱まってくれば、喉の腫れも引いて痛みもおさまってきます。

また風邪以外にも、
・タバコの煙
・アルコールや刺激のある食べ物
・声の出しすぎ
・ドライマウス
・扁桃腺炎
・声帯ポリープ
などさまざまな要因が挙げられます。
扁桃腺炎になると高熱も伴い、激しい痛みが伴います。
こうなってしまうと心身ともにツライ状態になりますので、
悪化させないためにも早めに耳鼻科や内科を受診することをオススメします。

【喉が痛い時の対処法】

1. 乾燥を防ぐ

喉が弱い人は、「喉の乾燥を防ぐこと」が大切です。
喉の粘膜が乾燥していると、ウイルスに感染しやすく風邪の原因になります。
外出する時にマスクをされる方は多いと思いますが、
就寝時にもマスクをつけて寝ると良いですよ!
特に寝ている時は喉が乾燥しやすく、朝起きると喉が痛むという人も多いです。
マスクに湿らせたガーゼを挟み濡れマスクにするとより効果的です。

2. 首を温める

首元を温めると菌の増殖を防ぎ、喉の腫れや痛みも緩和します。
自宅なら寝る時にタオルを巻いたり、ネックウォーマーを使うと良いでしょう。
外出時はスカーフやマフラーを巻いて、首元を温めてください。
夏場はVネックなど、どうしても涼しげな洋服を選びがちですが、
首元に薄手のスカーフを巻いておくだけでも違いますよ。

3. ハチミツを摂取する

ハチミツは、古くから火傷や擦り傷、喉の炎症などさまざまな治療に使われてきました。
ハチミツには強い殺菌作用と抗炎症作用があるので、
喉の腫れなどの炎症に効果的です。
喉が痛い時は、ティースプーンでそのまま食べても良いですし、
ハチミツとしょうがを入れて、はちみつしょうが湯にして飲むと
体も温まり風邪予防にもなります。
ハチミツの中でも近年、注目を集めているのがマヌカハニー。
ふつうのハチミツと比べて抗菌力が圧倒的に高く、
感染症の治療にも有効と言われています。
通常売られているハチミツよりお値段は高いですが、
普段から喉ケアを心がけたい方、声をよく使う方にオススメですよ!

4. うがいを習慣化する

喉の炎症は、ウイルスが喉に付着することにより起こります。
喉の感染を防ぐためにも、家に帰ったらまずうがいをしましょう。
また、オフィスや外出先でもこまめなうがいを心がけてください。
喉の乾燥を防げますし、風邪予防にもなります。
毎回うがい薬を使う必要はありませんが、
水にティースプーン半分くらいの塩を入れて
食塩水でうがいをするとより効果的です。

5. 湿度に気をつける

空気が乾燥しているとウイルスは活動しやすくなります。
特に冬場はウイルスが増殖しやすいので、
部屋の湿度調整は気をつけてください。
冬場は加湿器を置いて、湿度は50~60%程度を目安にすると良いですよ。
また、濡れたタオルを部屋干しにしたり、
お水の入ったカップをベッド脇に置くだけでも部屋の乾燥を防げます。

以上、喉が痛い時の対処方法でした。
今からでもすぐに実践してみてください!
あまりに痛みが長引く時は一度専門医に診てもらうことも検討しましょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)