日焼け止めの選ぶ基準は?上手な日焼け止めの選び方と正しい塗り方

日焼け止めの選ぶ基準は?上手な日焼け止めの選び方と正しい塗り方

焼けたくない!美白をキープしたい!という方にとって
日焼け止めはマストアイテムになりますよね。
皆さまは普段日焼け止めをどのように選んでいますか?

日焼け止めに必ず書かれているSPFとPAの数値を見て、
選ぶ方も多いでしょう。
何となく数値が高い方が効果があると思いがちですが、
高ければ良いといったことでもなく、用途によって選び方も変わります。
今回は、SPFとPAの正しい選び方・塗り方についてご説明したいと思います。

【日焼け止めに書かれているSPFとPAの意味】

日焼け止めのパッケージにSPF30やPA++など書かれていますよね。

SPF とは

SPF=サン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略です。
紫外線 UVB 波の防止効果の程度を数値で表したもので、
紫外線防御指数とも言われています。
SPF指数が30なら30時間効果があるという意味ではなく、
日焼けの防御力の強さを表しています。
紫外線に当たって日焼けするまでの時間が15~20分だとして、
SPFが30なら30倍遅らせることができるという意味です。
つまり20分×30倍で600分(10時間)延長できることになります。

PAとは

PA=プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略で、
UVAを防ぐ効果の目安です。
+が多いほどUVAに対する効果が高くなり、++++が最高値となります。

【SPFとPAの選び方】

SPFとPAは数値が高いほど効果があるということがわかりましたが、
かと言って、日常生活で一番数値が高いものを選ぶ必要はありません。
お買い物に出かける、犬の散歩をする、などの日常使いでしたら
SPF20、PA++程度を選ぶと良いですよ。
効果の強い日焼け止めは防御率は高いのですが、肌に負担がかかりますので
日常的に毎日使うのはオススメできません。
例えば、屋外の炎天下やビーチで過ごす時などは、
SPF50、PA++++を使うといいでしょう。

【日焼け止めの正しい塗り方】

1. 外出の30分前に塗る

出かける直前だと日焼け止めが十分に馴染んでおらず効果が発揮されません。
出かける30分ほど前に塗ると良いでしょう。

2. 丁寧にムラなく伸ばす

日焼け止めを適量に出し、両手でなじませます。
おでこ、鼻、左右の頬と内側から外側へと伸ばしていくイメージでムラなく伸ばします。
特に鼻や頬骨は念入りに重ね付けしましょう。

3. こまめに塗る

日焼け止めは一度塗ったらずっと効果があるわけではありません。
汗などで流れてしまったら効果が薄れてしまうので、
2時間おきぐらいに塗り直すことが大切です。

日焼け止めを塗る時は優しく丁寧に塗りましょう。
ゴシゴシ擦りこむと肌への刺激が強くなります。
夏場は汗や脂で落ちてしまうので、こまめに塗り直してください。
特にビーチなど紫外線が強い場所は、ウォータープルーフのもの選んで
数時間おきに塗ると良いですよ。

【日焼け止め使用後のケアもお忘れなく】

日焼け止めを塗ったら必ずオフをお忘れなく!
日焼け止めによって、専用クレンジングが必要なものと石鹸で落ちるものがあります。
お肌の弱い方は、お子さまでも使える石鹸で落とせる日焼け止めの方が良いかもしれませんね。
落とす時に力を入れてゴシゴシ落とすと肌荒れの原因になりますので、
クレンジングで優しくマッサージするように洗顔します。
洗顔後は、化粧水、乳液でしっかり保湿して肌をいたわってあげてくださいね。

【終わりに】

紫外線対策は、夏場だけなく365日行う必要があります。
冬場でも紫外線はありますので、朝起きたら日焼け止めを塗る習慣をつけましょう。
また、室内で過ごす時も窓から紫外線は入りますので油断は禁物ですよ!
上手に日焼け止めを選んで、UVケアを心がけてくださいね。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)