妊娠もしていないのに胸から汁?乳首から出る透明な汁って何?

妊娠もしていないのに胸から汁?乳首から出る透明な汁って何?

乳首から出る透明の汁って何を意味しているのでしょうか?

早く病院に行けばいいのでしょうけれど、とりあえずは原因なり何かを調べておけないとコワくて病院に行けなかったりしますよね。

心の準備をしておくために、とりあえずは、透明な汁のことを知っておきましょう。

乳首の透明の分泌液

血が混じっているわけでもなければ、膿など他のものが混じっているわけではない・・無色透明の水状の汁・・そんな汁が乳首から出てくることもあります。

何とも気色悪いのですが・・これってどこが元なのでしょうか?

そもそも、乳首から出る透明な汁の正体について解説していきます。

透明な分泌液とは

乳首からの透明な汁の正体は、脂肪細胞からの分泌液です。

妊娠初期(後期)になると、乳首から透明な汁が出ることがあります。

この場合は、出産後の母乳とは違うのですが、出産後の母乳に備えて体が作られている証拠ですので何の心配もいりません。

しかし、妊娠していない状態での分泌液であれば、病気の疑いがあります。

疑われる病気

主に「高プロラクチン血症」「乳管内乳頭腫(にゅうかんないにゅうとうしゅ)」「乳腺症(にゅうせんしょう)」などになると、乳首から透明の汁が出ることがあります。

基本的に透明な汁であれば、大きな問題はありません。

ただ、血などが混じるなどしてしまうと上記のような病気ではなく、乳がんなど重篤な病気が考えられますので注意が必要です。

高プロラクチン血症

疑われる病気について、詳しく解説していきます。

特別危険な病気ではないものの、放っておくのはよくありませんので気をつけてくださいね。

高プロラクチン血症とは

妊娠してもいないのに、妊娠しているかのような体質になってしまうことを「高プロラクチン血症」といいます。

プロラクチンというホルモンが過剰に分泌されてしまうことが原因で、乳首からの透明な分泌液の他、無月経・無排卵・頭痛や視野異常などの症状をともなうことがあります。

不妊の原因ともなりますので、後々のことも考えると早めの対策が必要となります。。

高プロラクチン血症の原因

高プロラクチン血症の原因といってもたくさんあるのですが・・例えば、「腫瘍・甲状腺機能の低下・ホルモンバランスの乱れ・乳腺への刺激」などが挙げられます。

中には日々のストレスなどで自律神経が乱れてしまうことにより、引き起こされるという例もあります。

また、なりやすい体質というのもあります。

乳管内乳頭腫・乳腺症

乳管内乳頭腫・乳腺症について解説します。

さて、どのような症状なのでしょうか?

乳管内乳頭腫

乳管内にできる腫瘍のことで、できる場所によっては悪性化してしまうのですが、基本的には良性の腫瘍となります。

乳頭の真下あたりにある太い乳管内にできたのであれば、良性と考えられますが、端の方にある細い乳管内だと悪性の可能性がありますので詳しい検査が必要です。

中年女性に多くみられる病気で、乳首から出る分泌液は水状の透明なものが多く、また、多量に出る傾向があります。

痛み等を感じない人が多いのですが、乳がんと非常に酷似している病気です。

乳腺症

乳房にできる大小さまざまなしこりが特徴です。

ただ、このしこり同士には境界線がはっきりしていないため、乳房全体が硬くなったように感じられます。

乳首からの分泌液は透明なものもあれば、乳性状のもの、また、血が混じったようなものと様々あります。

閉経後などに見られる症状なので、中年の女性に発症する例が多くみられます。

また、月経でのホルモンバランスにも影響される傾向にあるので、月経前に症状が出たとしても月経後には症状が和らぐなどといった人も多くいます。

痛みが強ければ治療が必要ですが、特に痛みがないようであれば治療は必要ありません。

まとめ

基本的に、透明な汁であれば問題はありません。

いろいろ原因はありますが、それでも、そのほとんどはストレスから来ていることが多いので、まずは日々の習慣を正し、リラックスできる時間を確保するなどの工夫が必要です。

適度な運動・バランスのいい食事はもちろんのこと、毎日のお風呂タイムも重要です。

好きな香りのアロマオイルを浴槽にちょっと垂らして、ゆっくり入るのってとってもリラックスするものです。

ストレスを全く無くすなどというのは、所詮無理なこと・・ですから、その他のことでストレス解消していきましょう。

ただ、異常があれば、何だかんだと自己完結してしまおうと考えず、早めに病院に行って検査してもらってくださいね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)