セルフケア?クリニック?女性のお悩み「黒ずみ乳首の解消方法」

セルフケア?クリニック?女性のお悩み「黒ずみ乳首の解消方法」

乳首の黒ずみに悩んでいる女性は多くいるものです。

ただ、デリケートな部分ゆえに人には相談できないためか、そんな乳首の悩みはあまり外からはわかりません。

こんなに乳首が黒ずんでいるなんて・・私だけがおかしいの?

いえいえ、違います。

これからそのお悩みについてお答えします。

乳首の黒ずみについて

どうして乳首が黒ずんでしまうのでしょうか?

乳首がピンクの人だって実際に存在するはずなのに、黒ずんでいる人とピンクの人とでは何がどう違うのでしょうか?

乳首の黒ずみの原因

黒ずみの原因は、外からの刺激によるもので「紫外線」などがそれにあたります。

紫外線が真皮(皮膚の大部分を占めている皮膚の本体)に当たることにより、肌を守るためにメラニンが生成され、それが色素沈着を起こし黒ずみが発生します。

シミや黒ずみの元にもなるので嫌われがちなメラニンですが、私達の肌を守ってくれる大切なものでもあるのです。

とはいえ、厄介なことに守りがいがあるためか、デリケートな部分ほど黒ずみやすいという仕組みで、それゆえにトップの一番デリケートで柔らかな部分の乳首には身体で生成されたメラニンが集まりやすく、色素沈着を起こしやすいという状況にあります。

メラニンの生成

メラニンは紫外線など外的刺激によるものだけでなく、他のものも要因となって生成されます。

加齢、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、食生活の乱れ、栄養の偏り、また長時間のメイクなどによっても引き起こされるもので、それは乳首だけでなくどの箇所でもメラニンが色素沈着を起こし黒ずみを発生させてしまうことがありますので注意してください。

乳首がピンクとは

乳首が黒ずむメカニズムがメラニンの生成によることがわかりました。

ということは、乳首がピンクの人はメラニンの生成が盛んじゃないということなのでしょうか?

ピンク色の乳首の構造

乳首がピンク色の人は、主にメラニンの活性が低いとみられる肌が白い人に多くみられます。

このような人は、日焼けをしても真っ赤になるだけで肌が黒くならないのが特徴的です。

メラニン色素は各々が持っている量がありますので、それ自体を変えるのは不可能といえます。

黒ずみ乳首の解消法

メラニンは各々で持っている量が決まっています。

ここまで説明を見る限りでは、日焼けなどをしないようにどんなに気をつけていても、自分が持っているメラニン量がもともと多ければ乳首が黒ずむのは避けられないということになってしまいます。

黒ずみ乳首はピンク乳首になることはできないのでしょうか?

セルフケアによる解消方法

市販されている美白成分配合のクリームなどを使うセルフケア方法があります。

理想のピンク色にすることはできませんが、色素沈着してしまった分のメラニンを薄くし本来の色に戻す効果が期待できます。

効果的とされる主な美白成分には、「ハイドロキノン・ビタミンC誘導体・ルミキシルペプチド・トレチノイン酸」などがあります。

クリニックでの解消方法

セルフケアではいまいち満足できない人にはクリニックでの治療をオススメします。

主に皮膚科・美容外科(美容皮膚科)での治療となり、レーザー治療が可能となります。

ただし、レーザー治療は色むらが発生するなどのデメリットもあるのでクリニック選びは慎重に行ってください。

その他にも「ハイドロキノン・トレチノイン酸」などが配合された塗り薬があり、市販のものよりも効果は期待できます。

まとめ

乳首の色は生まれ持ったものでもあるので、ある程度は仕方がないことなのです。

ただ、若い年齢のときこそメラニンは活性化されるので乳首が黒くなる傾向にありますが、反対に60代以降になると活性化が弱まる傾向にあるため、乳首の色はより薄くなっていくことになります。

若い人こそ悩みがちな乳首の黒ずみですが、若いからこそ・日本人だからこその現象なので過度に心配する必要はありません。

それでも、どうしても・・というのであれば、信頼できるクリニックでの治療・信頼できるメーカーのクリームなどでのセルフケアをしてくださいね。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)