乳首が黒いのにはワケがある!その乳首の黒ずみの原因・理由とは?

乳首が黒いのにはワケがある!その乳首の黒ずみの原因・理由とは?

乳首の黒ずみにはちゃんとした原因・理由があるのです。

乳首の黒ずみについて

乳首の黒ずみに悩んでいる女性は思いのほか多くいるものです。

何もしていないのになぜ乳首が黒ずむのか・・乳首の色はピンクが理想、それがダメだとしても黒っぽい色より薄い色でありたいものですよね。

黒ずみの原因

「メラニン」をご存知ですか?

メラニンとは黒・黒褐色の色素で、人間はもちろん動物の皮膚上に存在する色素です。

紫外線など外から刺激がくると、皮膚を守ろうと集まってきます。

日焼けがいい例なのですが、通常の日焼けであれば皮膚が黒くなっても色はまた徐々にもどっていきます。しかし、色素がそのまま沈着してシミや黒ずみとなり残ってしまうこともあります。

また、肌のターンオーバー(新陳代謝の乱れ)、ホルモンバランスの乱れなども重なりと更に黒ずむことになります。

乳首(デリケートゾーン)の黒ずむ理由

日本人は欧米人などに比べて色素沈着を起こしやすいといわれています。

中でもデリケートゾーンは他の部分の皮膚よりも柔らかく弱いためにメラニンの活動が活発で色素沈着を起こしやすい状況下にあります。

肌質にもよりますが、どちらかというと日本人はメラニンが活発なのです。

日本人の体質から、マンガのような瑞々しいピンクの乳首を手に入れるのは簡単ではないでしょう。

黒ずむタイプについて

色白の人、色黒の人、そうでもない人・・世の中には様々なタイプの人がいますよね。

色黒の人が色白になりたいと思っても、そう簡単にはいかないものですが、これもメラニンが関係しているのでしょうか?

遺伝もある?

同じ刺激や紫外線を浴びても、肌が黒くなる人、ならない人色々いますよね。

それは体が出すメラニン量は人によって個人差があるからです。

つまり、遺伝によって黒くなりやすいかなりづらいか決まります。

乳首の色もコレにほぼ比例し、色白の人の乳首はピンク色、色黒の人はより濃くあるという傾向にあるのです。

 

メラニン以外の黒ずむ原因

先にちょっと触れましたが、メラニン以外の黒ずむ原因のターンオーバーとホルモンバランスについて説明します。

この2つが乱れると黒ずみだけでなく他にもいろいろ影響が出てきてしまいます。

ターンオーバーの乱れ

表皮は生まれ変わりを繰り返す、これをターンオーバーといいます。

生まれ変わりのサイクルは約28日。

生まれた角質は細胞となり最後にはふけ・垢となり剥がれ落ちていきます。

くすみ・しみは、このターンオーバーの乱れにより古い角質が剥がれ落ちず留まってしまうためにできてしまいます。

ターンオーバーの乱れは黒ずみの他に「くすみ・小ジワ・乾燥肌・肌のきめの乱れ」などの原因ともなります。

ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンはエストロゲンとプロテスゲンという成分から成り立っていて、エストロゲンは主に女性らしい身体作りのために、プロテスゲンは主に妊娠するための身体作りにとそれぞれが大切な役割を果たしています。

ホルモンバランスの乱れは主にエストロゲンによるもので、ホルモンバランスが乱れるとターンオーバーが乱れ、肌が黒ずむ原因の1つとなってしまいます。

ホルモンバランスの乱れは黒ずみのほかに「生理不順・冷え・精神不安定・乾燥肌・疲労」などの症状を引き起こし、体調が悪くなる原因にもなります。

まとめ

乳首の黒ずみの原因は主に「メラニン・ターンオーバー・女性ホルモン」にありました。

そして、日本人はもともとが黒ずむタイプということもあり、乳首を理想のピンクにすることは難しいことであるということもわかりました。

とはいえ、黒ずみを悪化させなければそれ以上は黒くならないはずです。

ターンオーバーを高めて美白ケアをするなど、日々のケアが大切です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)