排卵痛はいつ・どのタイミング?排卵痛の原因とメカニズム・痛む場所は?

排卵痛はいつ・どのタイミング?排卵痛の原因とメカニズム・痛む場所は?

排卵痛を目安にして排卵日を特定している人もいるようです。ただ、全ての女性で排卵痛があるわけではありません。

排卵痛って「いつ・どんなタイミング」で「原因」「メカニズム」はどうなっているのか?排卵痛が起こる「期間や場所」は?などをまとめてみました。

排卵痛が起こる原因

排卵が起こった時に感じる痛みのことを排卵痛と呼んでいます。しかし、排卵が起こる時だけではなく、卵胞が成熟する時期に痛みを感じているケースもあるようです。

お腹に張りを感じていませんか?

排卵痛がある時の特徴として、お腹に張りを感じるということがあります。主に下腹部に痛みが出るようです。排卵日付近に下腹部に違和感があるようであればそれが「排卵痛」かもしれません。

排卵痛の原因は肝臓!?

排卵痛は、排卵が起こる時の痛みと言われていますがその裏には「肝臓の働き」も影響しているようです。

実は、肝臓は排卵日に機能が低下するとも言われています。

肝臓は、体の代謝を担っている臓器でもあるため、機能が低下することによって痛みを引き起こしたり、体調不良を引き起こしたり、場合によってはイライラを増長させる原因にもなっています。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)