排卵日・排卵周期の計算方法って?それ以外で排卵周期を出す方法は?

排卵日・排卵周期の計算方法って?それ以外で排卵周期を出す方法は?

これから妊活を始める女性、なかなか妊娠できない女性、排卵日・排卵周期の計算はしていますか?排卵日を知ることによって、妊娠しやすいタイミングを見つけることができます。

計算以外にも排卵日の目安を知る方法があるので、ぜひチェックしてみて下さい。

排卵日・排卵周期の計算方法

最近は排卵日を自動で算出してくれるアプリがたくさん出ているので、「排卵日:排卵周期の計算方法」を知らない女性も多くいます。自動で算出してれるアプリは大変便利ですが、計算方法を知っておくと何かと便利ですよ。

まずは過去の生理日をチェック!

排卵日・排卵周期を計算するには、最低でも過去の生理開始日が3回は必要になってきます。2回の生理でも計算はできますが、生理周期には多少のズレがあるのでできれば3回分の過去の生理日をチェックしましょう。より正確な排卵日を出したいのであれば過去6回分の生理日を準備するのがおススメです。

排卵日は「生理周期-14日」で計算

排卵日にも個人差がありますが、一般的には次の生理予定日の14日前が排卵日と言われています。次回の生理予定日を知るには、自分の生理周期を把握しておかなければいけません。だから、過去の生理日をチェックして「生理周期」を先に算出しておく必要があるのです。

生理周期はどうやって数える?

生理周期の数え方も分からない…という人のために、生理周期の数え方について説明します。

1、 過去の生理開始日をチェック(できれば3回以上)
2、 前回の生理開始日を1日目として次の生理開始日前日までを数える
3、 1と2で出した生理周期を回数分で割る

こうすると、生理周期のだいだいの周期が算出できます

  • 例)1月11日に生理開始 ⇒ 2月9日に生理開始
    1月11日から2月8日までを数えると、28日となります。この月は生理周期が28日だったと分かります。ただ、毎回生理周期が28日という人もいれば月によって29日、30日と前後することもあるので、数回分の生理周期を出して平均値を出しましょう。

排卵周期の計算以外で排卵日を知る方法

排卵日を排卵周期で計算する方法以外と他の方法を組み合わせればより正確な「排卵日」の目安をつけやすくなります。

基礎体温の変化をチェック

基礎体温をつけてみて、低温相から高温相に移行する日があります。その日が「排卵日」です。中には、生理があっても排卵がないということもあり得ます。基礎体温をつけると排卵の有無もチェックできるので、ぜひつけておくことをおススメします。

おりものの変化をチェック

おりものも生理周期によって変化しているって知っていましたか?排卵日付近になると、おりものはより粘度を増してドロっとした白いおりものに変化します。今までおりものの観察をしたことがないという人はこれからチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)