排卵日に起こる排卵出血の量や色って?出血が多く続く時の対処法!

排卵日に起こる排卵出血の量や色って?出血が多く続く時の対処法!

排卵日に出血が起こるのは、女性の約5%と言われていますが、量が多かったり、長く続くということがなければ心配いりません。排卵出血でも色が茶色の場合は、治療が必要な可能性もあるので、注意しておきましょう。

排卵日の出血「排卵期出血」とは?

排卵日に出血が起こることを「排卵出血、排卵期出血、中間期出血」と呼ばれています。

正常なら長くても2~3日

排卵出血は、排卵日付近に1回、または長くても2~3日で終了することが多いようです。これ以上、出血が続く場合は排卵出血ではなく「不正出血」と考えた方がいいでしょう。

また、排卵出血は「ある人」の方が少ないので、自分にないからといって心配する必要は全くありません。

排卵日に起こる出血量はどのくらい?

排卵出血がある人の割合は少ないので、身近な人に相談しても分からない…という答えが多いかもしれませんね。一般的に排卵出血の量はどのくらいなのでしょうか?

出血量はごくわずか

排卵出血の場合は、生理の出血と違って大量に出ることはありません。オリモノシートで十分、またはオリモノに出血が混じっている程度と覚えておいて下さい。

排卵出血が多い人の特徴と原因

生理周期や月経血量に個人差があるように、排卵出血にも個人差があります。排卵出血がある女性はどんなタイプが多いのか?その特徴と原因を紹介しましょう。

ホルモンバランスの崩れが大きい

排卵出血が起こる原因の一つに、女性ホルモンバランスの崩れがあります。ホルモンバランスが崩れた結果、生理の前に一部の子宮内膜が剥がれおちで出てくることが原因です。

  • 過度のストレスを溜めている人
  • 生活が不規則な人

排卵日付近に、ホルモンバランスが崩れやすいのは多くの女性に当てはまることですが、上記に当てはまる人は特にホルモンバランスが崩れやすいタイプです。

排卵出血があること自体は特に問題ありませんが、ホルモンバランスの崩れや月経前症候群の原因にもなっているので、できるだけ規則正しい生活とストレスのない生活を心がけましょう。

卵巣の表面が破れることによる出血

排卵は、「卵胞から卵子が飛び出す」ことであり、この時卵巣の表面が少し破れてしまうことがあります。これが、排卵出血の原因となっていることが多いようです。少量の出血で長く続かなければ、特に問題はありません。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)