ソバカスで顔の印象が変わる?ソバカスを薄くするための方法や注意点

ソバカスで顔の印象が変わる?ソバカスを薄くするための方法や注意点

鼻を中心に点々と広がり、顔色をくすませてしまうソバカス。

遺伝が原因のものもあれば、紫外線などの後天的な理由によるものもありますが、一度できるとなかなか薄くならないので厄介です。

どうすれば、元の素肌を取り戻すことができるのでしょうか?

効果的な方法や、ソバカスを作らせない、悪化させないための注意点について説明します。

ソバカスの原因

<遺伝によるもの>

母親やきょうだい、祖父母にソバカスがある場合は、自分もソバカスができる可能性が高くなります。

通常は、紫外線を浴びて体内に活性酸素が発生するとSOD酵素によって除去されますが、生まれつきSOD酵素が少ない人はこの働きがうまくいかず、活性酸素が肌細胞を傷つけてメラニンを増殖させてしまうのです。

<後天的な理由によるもの>

紫外線対策を怠ったまま外出したり、スキンケアが不十分だったりすると、ソバカスができやすくなります。

また、合わない化粧品を使い続けて肌にダメージを与えたり、過剰なストレスに晒され続けたりするのも良くありません。

なにかと忙しい現代人は、どうしても生活が乱れがち。

「ちょっとぐらいいいよね」とお手入れに手を抜いているうちにダメージが蓄積してしまうので気を付けましょう。

ソバカスを薄くするための方法

<肌の清潔と保湿を心がける>

どんなに高価な美白化粧品を使っても、肝心の肌の状態が悪くては浸透していきません。

メイクをした日は必ずクレンジングで汚れを落とし、保湿効果のある化粧品でたっぷりのうるおいを与えてあげましょう。

洗う→保湿をきちんとするだけでも、徐々に肌の透明感が蘇ってきますよ。

<栄養バランスの良い食事を取る>

活性酸素を除去してくれるポリフェノールやビタミンE、ターンオーバーを促すビタミンA、メラニン色素の生成を抑制するビタミンCを含む食品を中心に、栄養バランスのとれた献立を考えましょう。

手軽に食べられるインスタント食品やファーストフードは便利ですが、活性酸素を発生させる原因になります。

凝ったものでなくても良いので、できるだけ多くの食品を使った料理をいただくようにしてください。

<美白化粧品を使う>

「美白」と表示のある化粧品には、メラニンを抑制してソバカスを作らせないようにしたり、できてしまったメラニンの排出を促したりする成分が配合されています。

また、皮膚科で処方される「ハイドロキノン」と呼ばれるクリームには強力な漂白作用があり、市販の化粧品で効果がなかった人も、使い続けるうちにだんだんソバカスが薄くなってくるので、興味のある方は相談してみてください。

ただし、ハイドロキノンはメラニンの生成をストップさせてしまうので、紫外線が当たってもガードしてくれるものがなく、いつもよりシミやソバカスができやすくなります。

紫外線対策には十分に気を付け、医師の指示を守って正しく使うようにしましょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)