気になるほくろ、どうにかならない?皮膚科で受けられる治療方法とは

気になるほくろ、どうにかならない?皮膚科で受けられる治療方法とは

ほくろは誰にでもあるものですが、たまたま顔の目立つ位置にできると気になりますよね。

メイクのたびにコンシーラーで隠すのも面倒だし、いっそのこと取ってしまおうか? と考えたことのある人も多いのではないでしょうか?

そこで、皮膚科で受けられるほくろ治療の内容について調べてみました。

メリットとデメリットをよく理解した上で、受けるかどうかを考えてみてください。

レーザーによるほくろ治療

皮膚科では、一般的にレーザーを使ってほくろを除去します。

メスや電気メスで切除する方法なら確実にほくろが取れ、再発も少ないのですが、傷が深くなることから跡が残る可能性があるため、肌に負担をかけにくいレーザーが主流になってきたのです。

治療にかかる回数は、皮膚科によって様々。

1度で取ってしまうところもあれば、数回に分けてレーザーを照射し、慎重に取っていくところもあるので、ライフスタイルに合った施設を選択しましょう。

レーザー治療にかかる費用は?

レーザー治療の費用は、ほくろのできている場所や大きさによって変わります。

また、治療の目的が美容の場合は保険が適用されず、すべて実費となるので気を付けてください。

保険が適用される場合の料金は、直径2mmで1万円が平均。

これ以上小さければもっと安くなるし、大きければ1mmごとに5,000円程度プラスされる場合が多いでしょう。

ほくろが複数ある場合の治療の進め方は?

複数のほくろを一度に取りたい場合は、レーザーでまとめて治療することができます。

ただし、レーザーを受けてしばらくは皮膚に赤みが残りやすいため、一度に広範囲を治療してしまうと非常に目立つことに。

「一気に取ってしまいたい」という場合は、長期休暇の前など、あまり人前に出なくてもすむ時期を選ぶと良いですね。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)