職場のストレスの多くは人間関係…仕事の人間関係でストレスを感じるポイントとは

職場のストレスの多くは人間関係…仕事の人間関係でストレスを感じるポイントとは

仕事をしている人にとって、重要なポイントなのが職場の雰囲気と人間関係。

人間関係がうまく構築できない職場に勤めていると、毎日のストレスは半端なものではありません。

女性が仕事の人間関係でストレスを感じるポイントとはどういったものなのでしょうか。

1、上司と上手くいかない場合

職場の人間関係で上手くいかない場合に多いのが、上司がイヤ!

というパターンが一番多く聞かれます。

一体、問題のある上司とはどういったタイプがあるのでしょうか。

・パワハラ上司

権力を振りかざし、部下に仕事を押し付けるのが特徴。

更に、部下の失敗によって蒙った被害に対する責任をも負わず、責任逃れを見苦しくするタイプでもあります。

そのくせ偉そうな態度は人一倍で、なにか口を返そうものなら権力を振りかざして更迭などをチラつかせ脅しをかけてきます。

・セクハラ上司

容姿のことについてとにかく言いたがる、ひと昔前の職場でよく見たような男性の上司。

肝心な仕事の話をしたがらないことと、自分の容姿を棚に上げて人のことばかり言うのが最大の特徴です。

・恋愛したい上司

男性の上司でも女性の上司でもとにかく、恋愛適齢期を過ぎたのにゴールインに至ることが無かった人がこういうタイプに豹変します。

職場の人間は全て恋愛対象なので、仕事云々よりも恋愛関係に発展するかしないかで勝手に盛り上がってしまう厄介なタイプといえるでしょう。

・仕事が出来ない上司

こちらも男性の上司でも女性の上司でも存在する困った奴です。

とにかく仕事が出来ない人間なのに、会社に長く勤めているからと重要なポストについてしまっている上司がこのパターン。

2、部下と上手くいかない場合

・やる気のない部下

部下との関係がストレスに感じるのは、とにかくやる気の無い部下を持った時。

指導しても全然やる気が感じられない部下には、本当にガッカリすることでしょう。

・学ぶ姿勢のない部下

いくら指導しても学ぶ意欲が無い部下なのでどうしようもありません。

なのに、部下の失敗はあなたの指導力不足だと怒られることにも繋がってしまうので、そのストレスは生半可なものではありません。

3、同僚と上手くいかない場合

上司や部下ではなくても、人間関係でストレスを感じることってありますよね。

実は一番厄介なのが同僚です。

・男性の同僚

仕事の出来不出来で競争関係になってしまうのが男性の同僚です。

ライバル関係にあるのは良いですが、足の引っ張り合いになることがあるので厄介なところ。

・女性の同僚

仕事の内容でもめるというよりも、恋愛といったプライベートな問題に立ち入ってきて、茶化すようなことを言うタイプ。

僻みや妬み、嫉みが生まれるので、ただの足の引っ張り合いだけでは済まないケースもちらほら。

良好な人間関係の構築で、ストレスフリーを目指そう!

いい人間関係を構築できれば、仕事への集中力も増すことでしょう。

信頼できる上司や部下、同僚と理想的な関係を築き、ストレスフリーな職場環境を整えましょうね。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)