女性ならではの悩み!結婚が仕事に及ぼす影響とは

女性ならではの悩み!結婚が仕事に及ぼす影響とは

一大ライフイベントとも言える、結婚。

女性に生まれたのなら機会があれば一度は結婚したいと思う人が多いでしょう。

しかし、仕事をしている女性にとっては、結婚をすることによってキャリアに様々な影響を与えてしまいます。

女性ならではの悩み、結婚が仕事に及ぼす影響について考えていきましょう。

結婚することによって、視野が広くなる!

結婚を経験すると、独身時代に培ってきた価値観が根本から覆ることがあります。

今までは考えもしなかったようなことに気が付くようになり、結婚をしてから仕事のやり方がプラスの方向に変わったという人がたくさんいます。

・同じ境遇の人に優しくなれる

同じように結婚を経験した人に、優しく接することができます。

今までは自分でも気が付かないうちに卑屈になってしまっていた部分が、対等な立場になることによって人に優しくなれるのです。

・女性部下の道筋を作ることができる

結婚をすると退社しなければならないのか…と結婚を踏みとどまりそうな部下がいたときに、自分が結婚まで至る経緯や会社内でどうふるまって会社に居続けたかなど、自分が歩んできた道筋を部下に示すことができます。

部下にとって、頼りになる存在になれること間違いありません。

子供を授かると色々な壁が立ちふさがる

プラスの変化がある反面、マイナス面の変化ももたらされることでしょう。

・通勤がツラくなることも

子供を授かるというのは、人生においてとても喜ぶべきイベント。

でも、命2つで十カ月過ごす訳で、職場から腫れ物扱いを受ける可能性も否めません。

通勤時には、満員電車に揺られることが肉体的にも精神的にも苦痛になることも。

・検診の度に休みをつらなければなりません

妊娠をしたら、決められたペースで妊婦検診へいかなければなりません。

早い段階で分娩の予約を取ることも必要ですので、ギリギリまで仕事をしながら出産まで持っていくには、それまでにたくさんの休みをとらなければならないということです。

休みがちになって自分の仕事を他の人にお願いすることになるので、周りから煙たがられてしまうこともあります。

・産後復帰の壁、保育園探し

産後に職場復帰しようにも、子供の預け先が見つからないことも考えられます。

産後復帰の一番の壁は、保育園探しといっても過言ではありません。

申し込みをしたところで、順番待ちが100番台や200番台ということはザラ。泣く泣くキャリアを捨てて専業主婦に…という選択をする女性も多いので、結婚と併せて妊娠は慎重に行わなければなりませんね。

仕事のための人生ではありません

生きていくために仕事をすることは必要かもしれません。

しかし、仕事をするために人生全てを投げ打つのはどうかと思います。

あなただけの人生を、あなたの満足できるように歩むために…あくまでも仕事は仕事と割り切って、結婚をすることでもたらされる変化を想像しながら取捨選択をしていくと良いでしょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)