女性が将来も安心して仕事が出来る会社の3つの共通点

女性が将来も安心して仕事が出来る会社の3つの共通点

少し前と違って、今は共働きが主流となりました。

正社員であっても、そうでなくても、女性が安心してずっと仕事が出来る環境が整えられている仕事に従事することが出来たら幸せですよね。

女性が将来も安心して仕事が出来る会社には、共通点がありました。

一体、どういった点でしょうか。実際に会社に勤めてもうじき定年を迎えるという女性にお話しを伺ってきました。

区別はしても、差別をしない「会社の風土」

女性であるがゆえに、苦しい思いを強いられることもあるかもしれませんね。

年配の男性で、もうじき定年…という方の多くは「女性は家庭、男性は仕事」という固定観念があったことでしょう。

そんな考えは時代と共に移り変わるもの。

今は女性も男性も仕事も家庭も大事にしていかなれば成り立たない社会です。

時代と共に、夫婦の理想像が変わっていくという点が非常に重要だという女性がいます。

「いくら自分が組織に尽しても、それを認めてくれない職場なら仕事への熱意も失せてしまいます。

女だからといって軽視されるような会社の風土であれば、今後更に苦境に立たされることでしょう。

時代の流れに則って、しっかりと女性であることを男性と区別しつつ差別をしない姿勢がみられる会社であれば、長く将来まで安心して勤めることが出来ると思います」

仕事に取り組む意義を感じる「良好な人間関係」

どんな仕事も、良い上司と良い部下に恵まれていないと少々辛いものがありますよね。

将来も安心して仕事をするためには、良好な人間関係が育まれている会社であることが重要です。

「良い上司に支えられて、自分もこういう上司になろうと思えること。

そして、自分が思い遣りのある上司になることによって、部下から信頼され理想像となること。

これが良い循環だと思います。

長く勤めたいと思える会社には、必然的にこの要素が備わっているように感じますね」

努力や苦労が直結する「納得の給与」

ここが一番難しいかもしれません。自分の努力や苦労がきちんと給与に反映されているかどうかで、仕事に対する熱意も意識も変わってきます。

「やっぱり大事なのがお給料じゃないでしょうか。

年功序列というのも色々と問題がありますが、それでもやっぱり若手の新入社員とバリバリ働く即戦力とが同じ金額だったら納得できないのと同じ。

自分が頑張った分、お給料として支払われることによって自分が認められたという気持ちにもなります。

自分自身が自分のお給料に納得して働けているかどうか…これに尽きるのではないでしょうか」

正社員でも、まだまだ自分の苦労に見合うだけの給料をもらえていないと感じる人が多いですよね。

パートタイマーや契約社員ですと、更に給与形態が劣悪な場合もあります。

長く、そして安心して勤める会社に共通するこの3ポイントを確認しながら、就転職を考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)