更年期の出かけたくない・人に会いたくない!そんな更年期障害の原因とは

更年期の出かけたくない・人に会いたくない!そんな更年期障害の原因とは

・何となく気が滅入る
・やる気が起きない
・人と会いたくない、話したくない
・出かけたくない

更年期障害にはこのような症状が見られやすくなります。

それまで社交的だった人、明朗活発だった人が、正反対の性格になってしまうこともあります。

うつ病、もしくはその一歩手前のこともあるので注意が必要です。

更年期障害の仕組みとは?

エストロゲンは大切なホルモン

更年期は一般的に45~55歳に訪れることが多く閉経前後の10年程度の期間を指します。

40歳を超えると卵巣の機能が衰え、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が急速に減少します。

エストロゲンは自律神経や脳の働き、感情の動きにも作用するホルモン。

そのエストロゲンの分泌をコントロールしているのは脳の視床下部にある下垂体。

下垂体が卵巣にエストロゲンの分泌を促します。

しかし加齢によって衰えた卵巣は、下垂体の指示通りにエストロゲンを分泌することが出来ません。

それによって脳が混乱を来し、同じ視床下部にある自律神経のバランスを乱してしまいます。

更年期障害の症状を知っておこう

更年期障害はホットフラッシュ、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、腰痛、吐き気、便秘、下痢、冷え、月経不順、睡眠障害、そして憂鬱、落ち込み、不安、情緒不安定、イライラ、喪失感、集中力・判断力・意欲の低下などといった症状が代表的です。

その症状の出方も、

・殆ど症状が表れない
・日常生活に支障がない程度の症状
・寝込んでしまうほどの重い症状

と人によって様々です。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)