全身が汗だくになる…更年期に入って汗かきになったのは更年期障害?

全身が汗だくになる…更年期に入って汗かきになったのは更年期障害?

更年期になると心身にあらゆる不調が表れます。

その代表的なものにホットフラッシュ(のぼせ・ほてり)があります。

季節や気温に関係なくカーッと身体が暑くなり、滝のような汗をかくので、人前で恥ずかしい思いをしたという人も少なくありません。

全身が汗だくになるこの症状。

なぜ更年期になると多くなるのでしょうか。

知っておきたい更年期障害

エストロゲンと自律神経

更年期障害は女性ホルモン「エストロゲン」が減少することによって起きる、心身の不調のことを言います。

エストロゲンは女性らしい身体作りや妊娠の準備、骨の形成・維持などの働きだけでなく、自律神経や脳の働きにも作用するホルモンです。

その自律神経は、

・呼吸、血圧、体温の維持
・内臓の働き
・血管の収縮、拡張
・瞳孔の散大、縮小

など、自分の意思とは関係なく働く独立した神経です。

更年期障害の症状は人それぞれ

更年期障害はホットフラッシュ(のぼせ・ほてり)、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、動悸、
肩や首のこり、腰痛、便秘、下痢、多汗、睡眠障害、生理不順といった身体的症状と、憂鬱感、不安感、喪失感、イライラ、落ち込み、感情の大きな浮き沈み、集中力や意欲の低下などのメンタル的症状が良く知られている症状です。

更年期障害の症状の出方も個人差があり、

・全く症状が出ない人
・仕事や家事などの日常生活に支障がない程度の症状の人
・午前中が辛い、夕方からが辛い…など時間帯によって症状が変わる人
・寝込みがち、もしくは完全に寝込んでしまうほど重い症状の人

など様々です。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)