休職も止むを得ない!?不安定な更年期障害の症状‥休職もひとつの治療法?

休職も止むを得ない!?不安定な更年期障害の症状‥休職もひとつの治療法?

更年期障害の症状には個人差があり、全く症状の出ない人から完全に寝込んでしまう重い症状の人まで様々です。

中には止むを得ず休職する人もいるほどです。

症状を重くしないためには、出来るだけ早めに婦人科を受診するようにしましょう。

自分の心身の状態と向き合い、適切な対処を行なう知識も持っておきたいものです。

更年期障害の症状は人それぞれ

エストロゲンは重要なホルモン

更年期は閉経前後の10年程度の期間を指します。

更年期障害は加齢による卵巣の機能の衰えが、女性ホルモン「エストロゲン」を分泌出来なくなっていくことが原因で起こります。

40歳を過ぎるとこのエストロゲンが急速に減少。

エストロゲンは自律神経や脳の働きにも作用する重要なホルモン。

エストロゲンが減ることで心身にあらゆる不調を来しています。

多岐に渡る更年期障害の症状

更年期障害は、

・身体的症状~頭痛、めまい、耳鳴り、動悸、ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり)、多汗、
肩や首のこり、腰痛、吐き気、下痢、便秘、月経不順、睡眠障害など
・メンタル的症状~憂鬱感、不安感、喪失感、落ち込み、イライラ、情緒不安定、物忘れ、
意欲・集中力・判断力の低下など

といった症状が代表的です。

ほかにも肌や髪、目、鼻、口、耳などのトラブルも多く、その症状は多岐に渡っていることが分かります。

更年期障害は全てが不安定

更年期障害の症状はどの程度なもの?

症状の出方にも個人差があり、

・殆ど症状が出ない人
・日常生活に支障がない程度の症状の人
・夕方から辛い、朝が辛い…など時間によって症状が変わる人
・寝込みがち、もしくは完全に寝込んでしまうほど重い症状の人

といったように様々です。

痛みや辛さ、その感じ方も人それぞれ。

どれくらいのレベルかを判断するのは困難なことと言えます。

不定愁訴とも言われます

また更年期障害は不定愁訴とも言われ、血液検査や画像診断では異状がないのにも関わらず苦しんでいる人が多く、ひとつの症状が改善しても別の症状が発生する不安定な体調が続きます。

身体と心は密接な関係にあるので、どちらか片方が不調になると、もう一方もそのバランスを崩してしまいます。

更年期障害は心身の両面からケアしていくことが必要不可欠なのです。

更年期障害は検査等で特別な異状が見付からないことが多いので、「怠けている」「甘えている」と思われがちです。

それが本人にとっては更なるストレスとなり、心身に大きな負担になってしまいます。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)