もしかして老眼?更年期の視力低下~老眼と更年期障害の関係は?

もしかして老眼?更年期の視力低下~老眼と更年期障害の関係は?

加齢とともに身体のあちこちの老化が進むのは仕方のないことですが、出来ればそのスピードを遅らせたいところですよね。

「老」と付くと、急に自分が老け込んだような気がして不愉快に感じてしまいがち。

その代表的なものと言ってもいい「老眼」。

更年期障害の症状とともに、この更年期は老眼が進みやすいとも言われています。

老眼の症状とは

目の老化現象

老眼は40歳を過ぎた頃から訪れる目の老化現象。

ピントを合わせるために働く水晶体の弾力が衰えて調節機能が低下していきます。

老眼の症状は、

・遠くは見えるのに近くが見えづらい
・小さな文字は少し離すと見えやすくなる
・ピントを合わせるまでに時間がかかるようになる

といったことが多くなります。

老眼鏡を使用すれば問題なく見えるようになりますが、「まだ大丈夫」と頑張ってしまう人も少なくありません。

目の酷使が深刻な時代

老眼鏡やコンタクトを使わずに頑張っていると、目の疲れから頭痛、肩こり、腰痛、吐き気などを引き起こしてしまうことがあります。

「様々な体調不良の原因は目だった」というケースもあるのです。

パソコンや携帯電話、テレビやゲームなど液晶画面に溢れている現代。

仕事でもプライベートでも、これらの機器を見ない日はありません。

目の酷使は思っている以上に深刻なのです。

老眼と更年期障害の関係

更年期障害の症状をチェック

老眼が始まる40歳過ぎと同じころに始まる卵巣の老化現象。

これにより女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が減少し、心身に様々な不調をもたらします。

この不調が更年期障害。

エストロゲンは自律神経や脳の働きにも作用するため、その症状も多岐に渡ります。

・身体的症状~ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり)、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、
冷え、肩や首のこり、腰痛、消化器不良、生理不順、睡眠障害など
・メンタル的症状~落ち込み、不安、憂鬱、イライラ、喪失感、感情の大きな浮き沈み、
集中力や意欲の低下など

このほかにも目、鼻、耳、口内、肌のトラブルなども多く、症状の出方には個人差があります。

その症状、老眼かも?

更年期に多い目のトラブルは、

・目の乾燥
・目のかすみ
・目の疲れ
・目の違和感
・涙の量の減少

などが見られます。

これらは老眼を進行させる一因になっているとも言われています。

一時的なものと考え、市販の目薬などで対処する人が多いのですが、根本的な解決にはなりません。

視力の異状を感じたり、40歳を過ぎた頃を目安に眼科で検診を受けましょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)