男性の更年期‥気を付けたい60代の更年期障害!環境の変化がストレスに

男性の更年期‥気を付けたい60代の更年期障害!環境の変化がストレスに

女性特有のものと思われがちな更年期ですが、男性にも訪れることを御存知ですか?

男性ホルモンの減少に加え、定年退職といった大きな環境の変化に伴うことが多く、50~60代の男性に多い傾向があります。

女性の更年期ほど認知度はありませんが、今後は増えてくる可能性大。

男性の更年期、更年期障害の症状についても正しく知っておきましょう。

更年期障害と男性ホルモンの関係

男性ホルモン「テストステロン」とは

男性の更年期障害は男性ホルモン「テストステロン」の低下やストレス、老化現象や生活習慣病等が主な原因とされています。

テストステロンは、

・血液を作る
・男性らしい身体作り→筋肉や骨を強くし、それを維持する
・生殖機能の働き
・メタボや動脈硬化の予防
・脳の働き
・メンタル面のコントロール

といった重要な役割をしていて、生活習慣病にかかるリスクも減らしてくれています。

男性の更年期障害の症状とは

その症状は、慢性的な疲労感、倦怠感、多汗、関節痛、頻尿、ED(勃起機能の低下)、憂鬱感、性欲の低下、情緒不安定、落ち込み、イライラ、睡眠障害、集中力や意欲の低下などがあり、女性の更年期障害と同様にその症状の出方にも個人差があります。

早い人では稀に30代で症状が見られるケースもありますが、一般的には40代から始まり、その多くは50代を中心に60~70代までと幅広い年齢層となっています。

男性ホルモンはストレスによってその分泌量が大きく減少すると言われているので、男性の更年期障害にはストレスや疲れを溜めないことが第一。

・十分な睡眠と休養
・適度な運動
・栄養バランスを考えカロリーを抑えた食事
・じっくりゆっくり入浴してリラックス

といったことを中心に生活習慣の見直しを考えていきましょう。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)