70代でも更年期?男性の更年期障害は40~70代と年齢層が幅広いのが特徴

70代でも更年期?男性の更年期障害は40~70代と年齢層が幅広いのが特徴

更年期は女性特有のものというイメージがありますが、実はそんなことありません。

男性にも更年期があるのをご存知ですか?

男性の更年期は年齢層が非常に幅広いのが特徴で、70歳でも当たり前に起きるのです。これは決して他人事ではありません。そんな幅広い層に起こる男性の更年期障害の症状もチェックしておきましょう。

知っておきたい 男性更年期の仕組みと症状

男性の更年期はいつから始まる?

男性の更年期は早ければ稀に30代後半から、一般的には40代後半ぐらいに始まるとされています。

その症状が一番多く表れやすいのが50代~60代。

そして70代以降でも何らかの症状が長引いたり、新たな症状で辛い思いをしている人もいます。

女性のように閉経前後10年というふうな期間の目安はありません。

中にはかなり長期に及ぶケースもあるので注意が必要です。

男性の更年期障害の仕組み

男性の更年期も男性ホルモン「テストステロン」の減少が原因。

これにストレスや老化が加わり更年期障害の症状へと繋がります。

このテストステロンは、

・血液を作り出す
・骨や筋肉を強くし維持する
・動脈硬化やメタボを防ぐ
・生殖機能の調整
・脳の働き
・メンタル面のコントロール

などといった重要な役割をしているホルモンです。

男性の更年期障害の症状は
・身体的な症状~慢性的な疲労感や倦怠感、多汗、頻尿、ED(勃起機能の低下)、関節痛など
・メンタル的症状~憂鬱感、情緒不安定、落ち込み、イライラ、睡眠障害、不安感、喪失感、
物忘れ、集中力や意欲・性欲の低下など

といったものが代表的です。

男性更年期障害の天敵

天敵はストレス!?

男性の更年期障害で最も良くない要因とされるのがストレス。

更年期障害を引き起こし、悪化させる諸悪の根源と言ってもいいでしょう。

40代からは職場や地域などで責任の重い役職に就いたり、50~60代では定年退職という人生の大きな節目を迎えます。

生活はそれまでとガラリと変わり、時間ややることに追われる日々とは真逆の毎日が待っています。

環境の変化がもたらすもの

それまでは忙しくて顧みるヒマもなかった家庭内のこと、自分や妻の老化、妻や家族と向き合う時間の長さなどに直面し、困惑する人も少なくありません。

覚悟はしていても実際にその時が訪れてみると、予想していたような生活と違ったり、自分が社会から隔離されてしまったような気持ちにもなります。

この環境の変化が人によってはかなり大きなストレスとなり、心身に大きなダメージを与えることもあるのです。

このようなストレスが男性の更年期障害を悪化させると言われています。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)