「1日中眠い」のは更年期障害?更年期のつよい眠気に、誰でもできる対策法

「1日中眠い」のは更年期障害?更年期のつよい眠気に、誰でもできる対策法

「一日中眠い・・・」こんな更年期障害に、お困りではありませんか?

一日中眠いとやる気が起きないだけでなく、日常生活で失敗が増えたり物事に集中できなかったりして、大変ですね。

この記事では、一日中眠い更年期障害の対策に、自分でできる対策法と簡単フットマッサージの方法をご紹介します。

しっかり対策を取って、明日からシャキッと一日過ごせますように。

更年期に一日中眠いのは、なぜ?

夜にしっかり寝ているつもりでも一日中眠い、厄介な更年期障害の眠気はなぜ起きるのでしょうか?

自律神経の乱れ

更年期に入ると、女性ホルモン「エストロゲン」が急激に減少します。

ホルモンバランスをつかさどる脳の視床下部は、自律神経もコントロールしているため、ホルモンバランスが崩れる更年期には、自律神経のバランスも同時に崩れることに。

自律神経の乱れにより、夜の睡眠時に働く副交感神経(リラックスモード)と、日中働く交感神経(活動モード)のバランスがおかしくなってしまいます。

こうして、朝起きても副交感神経が優位に働くようになり、更年期の一日中眠い症状となってあらわれるのです。

また、夜に交感神経が優位に働いて質の良い睡眠が取れないために疲労回復が間に合わず、一日中眠い状態の原因になることも。

いずれにしても、自律神経の乱れが更年期に一日中眠くなる大きな原因となります。

一日中眠い更年期障害に、改善対策

更年期に一日中眠いと、家事や仕事の効率が悪くなったり、ミスが増えたりして大変です。

改善のために、自分でできる対策をしっかり取りましょう。

自律神経を正常に戻す生活習慣を心がける

更年期の自律神経の乱れは、言いかえれば体内時計の狂った状態です。

昼夜逆転の生活をしていると、自律神経のバランスはますます悪くなります。眠くても、朝は早めに起きるようにしましょう。

朝日には、自律神経を正常にする力があります。

朝日を浴びると脳は活動モードになり、メラニンが発生し始めます。朝日を浴びてから約14時間後に眠りのモードに入るように、体内時計がセットされるのです。

朝起きたら、しっかり朝日を浴びましょう。

熱めのシャワーを浴びる

朝、なかなか目覚めが悪い場合は、約42度の熱めのシャワーを浴び最後に約18度の冷水を手足にかけましょう。

こうしたシャワーの浴び方で、自律神経が呼び覚まされます。

日中、眠い時は寝る

どうしても、日中つよい眠気が来る時は無理に起きずに、10分~30分の昼寝をするようにしましょう。

我慢しすぎると、ストレスになりかえって自律神経の乱れが悪化します。

短い昼寝は、疲労回復にも良いので体がスッキリしておすすめです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)