「ろれつが回らない…」これって危険な病気のシグナル?更年期障害?

「ろれつが回らない…」これって危険な病気のシグナル?更年期障害?

緊張すると手に汗をかいたり、心臓がドキドキしたり、ろれつが回らなくなることもあります。

しかしこの状態が続くと不安になってくるもの。

ろれつが回らない症状は大きな病気が隠れている可能性があります。

安易に更年期障害の症状のひとつと決めつけずに、まずは医療機関を受診することが必要です。

更年期を知ることから

エストロゲンとは?

更年期は閉経前後の10年程度の期間を指します。

一般的には45~55歳に訪れることが多いとされています。

女性ホルモンエストロゲンの減少が原因となって起きる更年期障害は、心身に様々な不調をもたらします。

エストロゲンは女性らしい身体作りや妊娠の準備、骨の形成や維持だけでなく自律神経や脳の働き、感情の動きにも作用するホルモンです。

更年期障害の仕組み

エストロゲンの分泌をコントロールしているのは脳の視床下部にある下垂体。

この下垂体が卵巣に「エストロゲンを出しなさい」と指示をします。

しかし40歳を超えると卵巣の機能が衰えて、エストロゲンを分泌出来なくなってしまいます。

それでも下垂体は指示を出し続けるため脳が混乱し、自律神経などのバランスを乱してしまうのです。

これが更年期障害の原因。

ホットフラッシュ、頭痛、冷え、めまい、耳鳴り、動悸、胸焼け、吐き気、首や肩のこり、腰痛、消化器不良、月経不順、睡眠障害、そして憂鬱、不安、落ち込み、喪失感、イライラ、感情の大きな浮き沈み、集中力や意欲の低下などといった症状が代表的です。

更年期障害と自律神経の関係

自律神経って何?

自律神経は呼吸、体温、血圧の維持、内臓の働き、血管の収縮拡張といった、自分の意思とは関係なく働く独立した神経です。

自律神経は交感神経と副交感神経から成り立っています。

・交感神経~活発に活動している時に働く神経
血管の収縮、血圧の上昇、気管支拡張、瞳孔散大

・副交感神経~休養、睡眠時などリラックスしている時に働く神経
血管拡張、血圧を下げる、心機能抑制、消化器の働きを促進

この2つの神経が交互に働くことで私達の健康は維持されています。

自律神経のバランスが大切

例えば交感神経ばかりが優位になると、緊張・興奮した時間が続き心身ともに疲弊します。

緊張すると、

・心臓がドキドキする
・喉が乾く
・汗をかく
・ろれつが回らなくなる

といった状態になることが多く、これが続くことは心身にとって非常に大きな負担になり、疲れやストレスを取り除くことが出来ません。

更年期障害の症状を更に悪化させることに繋がってしまいます。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)