低血圧から高血圧に?40代以降の更年期女性は高血圧に要注意!

低血圧から高血圧に?40代以降の更年期女性は高血圧に要注意!

一般的に40代から少しずつ出てくるといわれる更年期障害の症状。頭痛やほてりといった身体的症状や気分の落ちこみ等の精神的症状など、その種類はさまざまです。

その中でも特に注意しておく必要があると言われているのが高血圧です。更年期に高血圧になる原因や、注意しておかなければいけない理由についてまとめました。

更年期と高血圧の関係

更年期は女性ホルモンの分泌バランスが崩れはじめてくる時期です。その影響でさまざまな体調不良がおきやすくなりますが、そのうちのひとつが高血圧です。

低血圧だった人ほど要注意

10~30代のころに低血圧だったという女性は多く、そのため年齢を重ねても低血圧のままだと思い込みがちです。しかし厚生労働省の調査では、30代までは数%だった女性の高血圧症の罹患率が、予備軍も含めると40代では約3人に1人、50代では約半数に急増しているという結果が出ています。

ずっと低血圧だった人でも、更年期にさしかかると高血圧になっていく可能性は比較的高いといえます。

なぜ更年期に高血圧になるの?

更年期に入ると不快な症状が増えてくる原因の一つに女性ホルモンの1つ・エストロゲンの分泌量減少が挙げられます。エストロゲンが減少すると生理周期が乱れ、自律神経の働きが悪くなるのです。

高血圧がおきやすくなるのもこの現象の影響を受けていて、血圧のコントロールができにくくなるためではないかと考えられています。

更年期の高血圧がこわい理由とは

更年期におこりやすくなる高血圧ですが、通常の高血圧とはその原因が異なります。

更年期の高血圧の特徴とは

それまで血圧に大きな問題がなかった人でも、更年期に入ると自律神経の働きの悪化によって高血圧になりやすくなります。しかし単に血圧が高くなるというだけではありません。

更年期の高血圧は血圧の数値が不安定でとても変動しやすいのが特徴です。一般的な高血圧は比較的高い数値がずっと続きますが、更年期の高血圧の場合はめまいや頭痛といった更年期障害の症状が一緒に出るという現象が多くみられます。

更年期の高血圧とストレス

なぜそのような特徴がみられるかという原因のひとつとして考えられているのがストレスです。更年期はエストロゲンの分泌量が減って自律神経の働きが悪くなることで身体的な不快症状が増えるため、ストレスを感じやすい状況になっています。

その影響で血圧が上がり、それが原因となってさらにストレスを感じて血圧が上がり…という悪循環に陥るケースが多いのです。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)