美容以外の効果も期待?更年期障害にも効果的な黒酢のヒミツ

美容以外の効果も期待?更年期障害にも効果的な黒酢のヒミツ

ダイエットや育毛の効果が期待できるといわれている黒酢を普段から飲んでいるという女性は多いのではないでしょうか。最近は飲みやすい商品も増えてきましたね。

そんな人気の黒酢、実は更年期障害の症状をやわらげる効果も期待できるのです。今回は黒酢の成分や更年期障害によい理由についてご紹介します。

40代以降になりやすい更年期障害

一般的に40代後半あたりからはじまる更年期は女性の体調リズムが変化してくる時期で、これまでになかった症状が出るようになってきます。

更年期障害の原因とは?

女性の卵巣は30代から少しずつ機能低下していますが、40代後半にさしかかると機能の低下が早くなってきます。脳の視床下部から出される女性ホルモンの分泌指令に対して、卵巣の反応が鈍くなってくるのです。

こうした状態になるとエストロゲンの減少が著しくなり、女性ホルモンのバランスが崩れやすくなり、さまざまな不快症状を感じるようになります。

更年期障害の症状は?

多いのは頭痛やめまい、吐き気、立ちくらみ、便秘や下痢等の症状です。ホルモンバランスの崩れで自律神経の働きが悪くなることでおこります。生理が遅れたり早まったりする、1日程度で終わってしまう、経血量が明らかに減るといった生理の異常も出てきます。その他に集中力が低下したり、人と会いたくない、不安感が続くなど精神的につらい状態になることもあります。

黒酢のメリットは?

このように体調が不安定になりやすい更年期に黒酢を飲むと効果的というのはなぜでしょうか。黒酢について見ていきましょう。

黒酢ってそもそもどういうもの?

黒酢とは、米に大麦又は小麦を加えたものを原材料として穀物酢に混ぜ、発酵・熟成して黒色や茶褐色になったものです。JAS規定の材料配分量をクリアしている穀物酢だけが黒酢と呼ばれます。

健康食品として知られているのは発酵・熟成によって高い栄養成分が含まれているためです。

栄養成分が豊富

黒酢には、酢酸をはじめ必須アミノ酸やビタミン・ミネラルといった栄養成分が多く含まれています。特に必須アミノ酸の含有量が多く、体内で合成できない9種類の必須アミノ酸のうちの8種類が含まれています。

またビタミンB群やミネラルは人が健康に過ごす上で欠かせない栄養成分ですが、食事で摂取するのはなかなか難しいとされています。黒酢の場合は少量でこれらの栄養成分を摂取することができると言われています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)