まだ30代なのに!産後に更年期障害の症状が出てくるってほんと?

まだ30代なのに!産後に更年期障害の症状が出てくるってほんと?

更年期障害というと一般的には40代後半以降の女性におきるものというイメージがありますね。実際更年期障害はそのイメージ通りのものではあります。

しかし産後の過ごし方によっては30代の女性でも更年期障害の症状に似た状態になることがあります。そこで今回は、産後と更年期障害の関係についてまとめました。

更年期障害について

40代後半から50代前半の約10年間を更年期と呼びます。この期間におこるさまざまな不快症状を総称して更年期障害と言います。

更年期障害はなぜおきるの?

更年期にさしかかると、女性の卵巣が機能低下してきます。その影響で女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが減少してきます。するとホルモンバランス全体が崩れやすくなります。

なぜ卵巣の機能が低下するかというと、加齢によって卵巣が老化していくためです。卵巣以外の臓器や器官も年齢を重ねると老化しますが、女性の体調リズムをコントロールしているのは卵巣。ですから卵巣が衰えると不快な症状が出やすくなるのです。

30代でおきるプレ更年期とは

前述した更年期障害とよく症状が似ているものにプレ更年期があります。30代の女性におこりやすいのが特徴です。

プレ更年期の原因は主に不摂生や喫煙などによるストレスだと言われています。ストレスによって一時的に卵巣の機能が低下してホルモンバランスが崩れた状態で、卵巣の老化が原因である更年期障害とは基本的に異なるものです。

産後の状態は不安定

産後に更年期障害に似た症状が出る女性が増えています。その理由を見ていきましょう。

産後のホルモンバランスの変化

女性は妊娠すると妊娠を維持するためのホルモンが胎盤を通して分泌されています。そして出産すると胎盤が体外に出てしまうため、それまでのホルモンバランスが一気に崩れます。

産後しばらくは母乳を出すためのホルモンが増えますが、このホルモンはエストロゲンの分泌を抑えます。つまり更年期障害が出やすい状態と似た状態になり、不快な症状が出やすくなります。

産後の体は疲れきっている

出産は女性の体にとても大きな負担をかけます。骨盤や骨盤を支える筋肉にはゆるみが出ますし、子宮も伸びています。「産後はゆっくり過ごすように」と言われるのは、妊娠や出産によるダメージをきちんと回復させるためです。

しかしこのダメージ回復の大切な時期にしっかり休まずに動いてしまうと、骨盤や筋肉の回復が思うようにできません。すると更年期に入って尿漏れや子宮脱がおこり、治療が必要になる場合もあります。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)