あなたのワキは大丈夫?更年期障害で気になる脇汗についてご紹介!

あなたのワキは大丈夫?更年期障害で気になる脇汗についてご紹介!

女性は特に気になりやすい脇汗。

せっかくおしゃれして出かけても、脇汗で洋服が台無しになってしまった、なんてこともありますよね。

そんな脇汗ですが実は若い時だけでなく更年期にも悩んでいる方は多いのです。

そこで今回は、脇汗と更年期の関係性についてご紹介していきます。

脇汗の匂いが気になる、これって更年期障害のせい?

そもそも女性の発汗作用を調節しているのは、エストロゲンホルモンと呼ばれる女性ホルモンです。

これは、子宮や自律神経にも作用する女性とってはとても大事なホルモンで、女性らしさを作るともいわれています。

このエストロゲンホルモンですが、生理の終わりごろから排卵期にかけて分泌が進むとされています。

したがって、分泌には生理が多く関係しているのです。

一方、閉経を迎える更年期では、エストロゲンホルモンを含む女性ホルモンの減少が進んでいきます。

一般的な更年期障害とは、この女性ホルモンが減少することによって体に訪れる変化や弊害のことを指し、それらはときに女性たちを苦しめるのです。

脇汗の分泌も、その変化や弊害の一つです。

もともと汗腺を調整していた自律神経は、女性ホルモンからも作用されていた部位でもあります。

女性ホルモンが減少することによって、自律神経に異常をきたし、汗腺へも弊害を与えてしまうという現象が、更年期の脇汗過剰分泌のメカニズムです。

更年期の脇汗、どうしてにおうの?

更年期に脇汗が過剰分泌されることがわかったうえで、次は多くの方の悩み種ともなり得る脇汗のにおいにいついてご紹介していきましょう。

汗と一概に言っても、普通にかく汗と更年期に書く汗とは少し変化が出てきます。

運動などで更年期ではない方がかく汗は、比較的さらっとしていて、においも抑えめです。

くわえてすぐに蒸発するため、汗をかいてもすぐ乾くことも特徴の一つです。

この場合、制汗剤などでも対処できますし、対策も容易にできるかと思います。

しかし一方で、更年期の汗はそうではありません。

べたっとしてまとわりつくような汗で、においもアンモニア臭を纏うような独特の臭気があります。

これらの汗は、通常の汗とは違いアンモニア成分が多く含まれていることから臭気を発しているといわれています。

また、べたっとしていることから、蒸発しにくく、匂いも残ってしまいがちなのです。

もちろん個人差もありますが、実際に更年期の悩みとして脇汗やその匂いを上げる方は多くいらっしゃいます。

更年期の脇汗対策をご紹介!

更年期に悩みがちな脇汗やその匂いですが、本人の心がけ次第で改善も可能です。

例えば、効果が強い、制汗デオドラント剤を購入してこまめに塗布することも良いでしょうし、市販の脇汗パッドなどをその都度つけ変えることも良いかと思います。

これらはドラッグストアなどで簡単に購入できますし、気軽に対策してみることもお勧めします。

一方で、根本から改善したい方は、食生活や生活習慣の改善をお勧めします。

食生活改善の方法としては、大豆イソフラボンの積極的な摂取があります。

更年期に減少していくエストロゲンホルモンと似ている作用を持つ大豆イソフラボンは、摂取することで更年期障害の症状を改善してくれます。

したがって、大豆イソフラボンを含む納豆や豆腐などの大豆製品は、大きな味方となってくるのです。

また、血行を促進して冷えを解消するために、適度な運動も大切となります。

適度に運動することは、汗の質も改善してくれるといわれています。

そういった生活習慣の見直しも、脇汗をはじめとして更年期障害には大切となってきます。

まとめ

いかがでしたか?

脇汗などの更年期障害は、女性にとっていやなものかもしれません。

しかし、前向きに対処していくことで、だいぶ精神的にも楽になるかと思います。

病院でも、希望すれば薬や漢方薬を処方してくれますので、ぜひ問い合わせてみてください。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)