朝起きれない、午前中が辛い~更年期障害がもたらす寝込むほどの症状

朝起きれない、午前中が辛い~更年期障害がもたらす寝込むほどの症状

「最近、朝起きるのが辛い」

「午前中が、とにかくだるくてしょうがない」

40歳を過ぎて、こんな症状はありませんか?

もしかすると、それは更年期障害かも知れません。

更年期障害の症状は人それぞれ。

一時的なもので終わる場合もありますが、数年単位で続くこともあります。

我慢して症状を悪化させないように気を付けましょう。

更年期障害と自律神経

更年期障害の仕組みを知ろう

更年期は45~55歳に訪れることが多く、閉経前後の10年を指します。

40歳を過ぎると卵巣の機能が衰えて、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量が減少します。

エストロゲンの分泌は脳の視床下部にある下垂体がコントロールしており、卵巣に「エストロゲンを出しなさい」と指示を出し続けます。

しかし卵巣はその指示通りエストロゲンを分泌することが出来ないため、脳が混乱してしまうのです。

その結果、同じ視床下部にある自律神経もバランスを崩し、心身にあらゆる不調をもたらします。

これを更年期障害と呼んでいます。

自律神経は大切な神経

自律神経は呼吸、血圧、体温の維持、内臓の働き、血管の収縮拡張を行なう神経。

自分の意思とは関係なく働き、私達の健康を維持してくれている大切な神経です。

エストロゲンの減少はこの自律神経のバランスを乱してしまうので、症状のひどい人は寝込んでしまうケースもあります。

1日のうちでも調子の良い時間、悪い時間が分かれている人もいて、夕方から悪くなるタイプや、朝がダメで午後にかけて回復していくタイプもいます。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)