それって更年期障害かも?生理が一ヶ月続く更年期の仕組みとは?

それって更年期障害かも?生理が一ヶ月続く更年期の仕組みとは?

閉経を迎えるにあたって、女性は更年期に様々な症状に見舞われることがあります。

それらの症状を一般的に更年期障害と呼びますが、人によっては生理が一ヶ月続くなどの生理不順を引き起こすこともあります。

今回は、そんな生理不順と更年期障害の関係性や仕組みについてご紹介していきましょう。

更年期障害にはいろいろな症状がある!?

そもそも更年期とは、女性にとって45~55歳の約10年間を指します。

まれに、20代や30代で更年期障害に見舞われる方もいらっしゃいますが、基本的には閉経を迎えるであろう年齢は50歳近辺となります。

更年期を迎えるころ、女性の身体には大きな変化が起きていて、その変化に身体が順応できずに更年期障害を引き起こしてしまうことがほとんどです。

具体的に言えば、女性特有の器官である卵巣の機能に関係しています。

思春期から月経が始まり、女性の体の中では赤ちゃんを産むための排卵も起こるようになります。

しかし、歳月を重ねていくと、排卵を起こしていた卵巣内の卵胞という細胞が減少し、そこから分泌されていた女性ホルモンも減少していきます。

その女性ホルモンが減少することで、分泌の命令を出していた脳の視床下部が混乱し、自律神経などに影響を及ぼすことで身体に様々な不調が出てくるのです。

また、更年期障害の一環として、このころ女性の生理にも大きな変化が現れていきます。

生理が一か月続くことも?更年期と生理の関係性とは

それでは実際に更年期に身体に起きている変化の中でも、生理への影響について詳しく見ていきましょう。

そもそも生理は、卵胞から分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)によってコントロールされています。

女性の体では、思春期ころから排卵と生理を繰り返し、妊娠に備えるのですが、35歳を過ぎたころになると女性の体内で女性ホルモンが減少していくようになります。

女性ホルモンの量が減少していくことで、生理がうまくコントロールできなくなり、結果生理が一ヶ月続くなど生理不順が起こるようになります。

生理の周期や量はもともと個人差が見られるものではありますが、閉経前の生理不順もまた人によって症状が変わってきます。

生理が一ヶ月続く方もいれば、不正出血がみられる方もいらっしゃいますし、何か月、中には1年ほど生理の間隔があいてしまったという方も多くみられます。

中には、閉経したと思っていたら不正出血がたびたび起こるなど、更年期の生理不順は女性を悩ませることが多いのです。

気になる更年期の生理不順、病気の場合も?

このように、更年期に生理不順を起こすことは異常ではありません。

閉経を迎えることで女性ホルモンが減少するため、むしろ更年期の女性のほとんどは、生理が一ヶ月続くなどの生理不順を経験します。

しかし一方で、更年期障害ではなく子宮の病気が原因で生理不順を引き起こすこともあります。

例えば40代女性に特に多く発症するといわれている子宮筋腫は、手術を必要としないことがほとんどですが、治療のための投薬などが必要になってきます。

また、子宮体がんや子宮頸がんは更年期を迎える時期、特に多くの女性が発症するともいわれています。

子宮体がんや子宮頸がんは、多くが手術を必要とし、治療も困難になる場合もありますので、とにかく早期の発見がカギとなります。

生理不順が長く続き、不安な方はまずは婦人科で検査を受けてみることをお勧めします。

また、生理が一ヶ月続くなど、生理が長引く場合は貧血の危険も高まりますので、一度診察してもらった方がよいかと思います。

まとめ

生理が一ヶ月続くと、心配にもなりますしあまり気分が良いものではないかと思います。

また、生理不順は気づかないうちにいろいろな病気にかかっていることの兆候としても現れます。

心配な方は、更年期障害のことも含めてぜひ一度婦人科にかかってみてください。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)