更年期の声枯れ・声がかすれる症状に注意!大きな病気?更年期障害?

更年期の声枯れ・声がかすれる症状に注意!大きな病気?更年期障害?

更年期障害の場合、良く知られている症状であれば更年期障害だろうと予想出来ますが、あまり知られていないものだとなかなか気付かない場合もあります。

例えば目や耳、鼻、口、喉、肌、髪などのトラブルは更年期障害の症状としてはあまり知られていません。

特にこれらは乾燥を中心としたトラブルが多く、喉の場合だと声が出ない、声枯れ・かすれるといったケースもあるようです。

エストロゲンと更年期障害

大切なホルモン「エストロゲン」

更年期は一般的に45~55歳に訪れることが多く、閉経を挟んだ前後10年程度の期間を指します。

40歳を過ぎると卵巣機能の衰えにより、女性ホルモンエストロゲンの分泌量が急速に減少。

エストロゲンは女性らしい身体作りや妊娠の準備、骨の形成などのほかに、自律神経や脳の働きにも作用する大切なホルモンです。

このエストロゲンの減少は心身に様々な不調をもたらします。

これを更年期障害と呼んでいます。

不定愁訴とも言われる更年期障害

更年期障害にはホットフラッシュ、頭痛、吐き気、めまい、耳鳴り、動悸、消化器不良、肩こり、腰痛、月経不順、睡眠障害、そして憂鬱、不安、落ち込み、イライラ、意欲や集中力の低下、喪失感、感情の大きな浮き沈みなどが良く知られている症状です。

更年期障害は不定愁訴とも言われ、血液や画像などでの検査をしても異状が見付からず、しかし本人は実際にその辛さを感じ苦しんでいます。

またこっちが治っても今度はあっちの調子が悪くなるといった、イタチごっこのような状態を繰り返しやすくなります。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)