更年期のざわざわ感・心身のざわざわ感の原因と治療方法をチェック

更年期のざわざわ感・心身のざわざわ感の原因と治療方法をチェック

何だかざわざわした感じが消えない

もやもやした気持ちが続く

「ざわざわ」や「もやもや」といった表現は人によって違いがあり、周りからは分かりにくく感じます。

実際、本人にとってもそれがピッタリする表現ではない場合もあります。

更年期障害にはこういった表現で不快さを表す人も多く、心身の広い範囲に渡って症状があることを示しています。

更年期障害とは、どんな状態?

更年期障害の症状とは

更年期障害は、

・身体的症状~ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり)、頭痛、めまい、耳鳴り、動悸、冷え、吐き気、肩や首のこり、腰痛、便秘、下痢、生理不順、睡眠障害など

・メンタル的症状~イライラ、不安、憂鬱、落ち込み、情緒不安定、喪失感、物忘れ、集中力や判断力、意欲の低下など

これらが良く知られている代表的な症状です。

このほかにも目や鼻、口、喉、肌などの不快な症状で悩んでいる人が多く、ひとくちに更年期障害といっても、それが多岐に渡っていることが分かります。

更年期障害の症状の出方

更年期障害の症状の出方には個人差があり、

・全く症状が表れない人
・仕事や家事などの日常生活には差し支えがない程度の症状の人
・時々、もしくは完全に寝込んでしまうほど重い症状の人
・午前中だけ、または夕方から気分が優れないなど時間帯によって症状が変化する人

など、様々です。

また短期間で症状が消える場合もありますが、年単位で続くこともあるので、更年期障害とは長いお付き合いになることも覚悟しておく必要があります。

ざわざわ感の原因を考える

メンタル的なざわざわ感

更年期障害のざわざわ感。この表現はメンタル的な症状に使われることもあれば、身体の状態を表すことに使うこともあります。

メンタル的な症状に使う場合は、

・気持ちの重苦しさ
・焦燥感
・落ち着かない感じ
・スッキリしない感じ

などを表すことが多いようです。

感じ方には個人差があるので、ひとくちにざわざわ感と言っても比較的軽いものから、うつ病もしくはそれに近い症状のものまで様々です。

頑張ることがいつも正しいとは限りません。

心にも休養が必要です。

身体的なざわざわ感

身体的なざわざわ感は、

・動悸が激しい
・息苦しい
・圧迫感
・めまいや立ちくらみ
・身体がだるい

などといった症状の時に使われます。

これらは大きな病気の初期症状の場合もあるので注意が必要。

決して無理をせず、早めに医療機関を受診し適切な検査を受けるようにしましょう。

ざわざわ感に似た症状で「むずむず脚症候群」というものがあります。

・脚に虫が這うような感じ
・脚のほてり
・かゆみ
・痛み

が主な症状で、どちらかというと脚の表面ではなく奥の方で起きている感覚です。

この「むずむず症候群」には神経の異状や別の疾患が隠れていることもあります。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)